先輩の声

東8階 島田理奈
看護師になり1年半が経とうとしています。1年目は分からないことが多く不安もありましたが、先輩看護師に指導して頂き今では、一人でいろんな業務を任されるようになりました。また4月より後輩が入職し、指導する立場となり教える難しさも知ることができました。まだ分からないことが多くある為、これからも学びを深め続け先輩看護師のようになれるよう頑張って行きたいです。

東8階 亀山奈穂
看護師になり、1年6ヶ月が経ちました。1年目の時は不安だらけの毎日で、先輩からご指導を頂きながら日々の業務を行っていましたが、2年目となり業務にも慣れ、1人でやれることが増えるなど、やりがいと共に責任感を感じています。今は、患者一人一人について理解し、個別性のある看護計画の立案をすることが目標で、先輩たちのように円滑に業務が遂行できるよう努力していきたいです。今年は、後輩も入ってきたため良い手本となれるよう頑張ります。

東7階 阿久津真生
入職し1年が経ちました。1年目の時は何事にも不安がありましたが、先輩の方に相談したり、わからないものは自己学習をしたり学びを深めてきました。2年目となり退院調整の難しさを実感する毎日ですが、他職種との連携をとったり、やりがいも感じています。時には同期で集まり悩みを相談したり、近状を報告したりと同期の存在はとても大切なものです。今後はやりがいを求めて仕事を頑張っていきたいです。

東6階 稲葉千尋
看護師として働き始め1年半が経とうとしています。1年目の時は何の業務をするのにも不安で、先輩方からたくさんのご指導を頂きました。2年目になり一人で行う業務も増えましたが、それと同時に責任感も増えたことを日々実感しています。まだまだ不安はつきませんが、とてもやりがいのある仕事です。しかし未熟な技術やわからない業務等も多い為、先輩方のような看護師になれるよう学びを深めていこうと思います。

東6階 関根章
佐野厚生病院で働き始め1年半が経とうとしています。1年目の時は病院のシステムやパソコン操作がわからず、先輩方からたくさんのご指導を頂きました。2年目になり委員会や能力開発など、やらなくてはいけない新たな業務が増え、多忙な日々を送っています。わからないこと、不安なことは積極的に先輩に聞きましょう。教えてくれない人は先輩ではありません。

東5階 石川美香
東5階病棟の看護師として2年目となりました。1年目の時は病棟の流れを把握するのに苦労する日々でしたが、先輩方のフォローのもと取り組んでいました。2年目となり、一人で行える業務が増え、多診療科を看護するなかで日々勉強しています。外科病棟のため主に術後の患者さんを受け持ち、経験を生かし各疾患に対して対応できるようになってきたかと思います。先輩方に比べると、至らないところは沢山ありますが、日々学ぶ姿勢で自信を持って看護に携えるように頑張っていきたいです。

東4階 丸山智絵璃
看護師として働き始めて2年目になり、業務には慣れてきて去年より1人でできることが増えてきましたが、まだまだ分からないことばかりで先輩方にご指導を受けている毎日です。自分の不甲斐なさに嫌になることもありますが、患者さんから「ありがどう」と感謝の言葉を言われることもあり、やりがいを感じています。
今後も、先輩方のように素早く業務が行えるように努力していきたいです。

東4階 金井翠
看護師になり1年目の時は不安でいっぱいだった私も看護師2年目を迎えました。業務には慣れましたが先輩看護師の看護知識の深さに、自分の力不足を痛感させられる日々です。2年目となり手術の患者さんを受け持てる事も多くなりやりがいを感じていますが、まだまだ未熟なため、早く先輩たちのように細かい気遣いや看護展開が出来るように努力していきたいです。

東4階 米川茜音
佐野厚生総合病院に入職し看護師として働きはじめて1年が経ち、2年目になりました。この1年は戸惑いや不安ばかりで日々の業務をこなすことに精一杯であり、めまぐるしく過ぎていったように思います。プリセプターを始め、多くの先輩方にご指導して頂き、入職時から少しずつ成長することができたと思います。まだできないことも多く先輩方に迷惑をかけてしまうこともありますが、いつも学ぶ姿勢を忘れず1つ1つ自分の力にしていけるよう頑張っていきたいと思います。

東3階 小川沙羅
東3階病棟の看護師として2年目となりました。1年目の時は初めて行う業務や病棟の流れを把握するのに四苦八苦し、わからないことを先輩に聞きながら看護ケア取り組んでいました。2年目となり、一人で行える業務が増え、不器用ながらも行っています。小児科の様々な疾患を通して多く学びを得て、各疾患に対して対応できるようになってきたかと思います。先輩方と比べると、至らないところはまだ沢山ありますが、日々学ぶ姿勢で今後も看護業務をしていき、自信を持って看護に携えるように頑張っていきたいです。

西7階 金森順子
早いもので1年が経ちました。あっという間で毎日が大変でした。家事と子供の事と両立が慣れなくて辞めたいと思うことが多々あります。今はなんとか慣れてきましたが、もう少し頑張っていこうと思います。

西7階 斉藤直久
入職して2年目になり、少しずつ携わる業務も増えてきましたが日々、悪戦苦闘の毎日を送っています。また、患者さんを受け持つようになり、退院調整や患者家族との関わり方の難しさも感じています。看護はとても大変ですが、患者さんや家族から「ありがとう」と言われると、とてもやり甲斐のあるものだとも感じます。まだまだ未熟者なので、これからも先輩方のような看護師になれるよう頑張っていきたいと思います。

西6階 岩澤詩織
看護師になり2年目になりました。入職した頃は何もかも分からず不安だらけでした。
勤務している西6階は急変や緊急入院も多くとても忙しい病棟ですが、学ぶことも多いと日々感じています。この1年半の期間で様々なことを学ぶことができ、少しずつ出来ることも増えていきました。これからも先輩に少しでも近づけるよう頑張っていきたいです。

西6階 菊池星来
今年で2年目になり、もうすぐで半年が経ちます。西6では、緊急入院や急変が多く、1年目では、先輩の動きをみながら行動をしていましたが、2年目になってからは徐々に自分で考えて行動することができるようになりました。毎日の勤務の中、まだまだ急変時の対応や業務内容について勉強しなければならないことが沢山あります。これからも、もっと先輩のように的確な判断ができて、小さな変化を逃さずに看護をしていきたいと思います。

西6階 小島忍
入職して1年半が経過し、患者さんやその家族から戴く「ありがとう」という言葉に耳が傾くようになってきました。1年前もきっと同様の言葉を戴くこともあったのでしょうが、忙しさからその言葉の意味をかみ締める余裕がありませんでした。今はその言葉をいただける事への感謝の気持ちを持つことができています。これからも「ありがとう」をやり甲斐として、少しでも患者さんやその家族の役に立っていけたらと思っています。

西6階 森尻由佳
看護師になり2年目となりましたが、まだわからないことが多いです。先輩に確認しなければ不安で看護師1年目も2年目もあまり変わらないなというのが正直なところです。
ですが、1人でやれることがすこしずつ増えてきている面もあります。まだまだ未熟ですが、知識と手技を学び、磨き、一つひとつの業務を的確に行い、落ち着いて行動できるように努めていきたいです。

西5階 金子奈保美
西5階病棟へ入職して約1年半が経過しました。看護師として日常生活の援助や、内視鏡検査や処置の介助等さまざまな経験をさせていただいています。
いろいろな患者様と接し、また患者様と向き合う先輩方の姿を見て、反省点だらけである事を痛感する毎日ですが、その反面、先輩方のフォローによってできることが増えていっていることも実感できてきます。
 今後もできるだけ多く患者様と関わっていくことで得られる経験を糧にし、より成長できるように、日々積極的姿勢をもって業務に励んでいこうと思います。

西5階 古口優希
看護師として働いて二年が経ちました。検査出しや点滴キープも成功率があがり、自分に少しずつ自信がついてきました。日々の業務のなかで、私が大切にしていることがあります。一つ目は、笑顔を忘れないこと。二つ目は、患者さんと話すときはなるべく目線を合わせることです。そうすることによって、安心感を与え感情を表出しやすい雰囲気が作れるからです。患者さんにとって、身近な看護師になるのが目標です。忙しい中でも頑張ろうと思います。

西5階 落合彩華
看護師として2年目になります。1年目は何をするにも不安で先輩方から多くのアドバイス、御指導を頂きました。看護技術の取得や検査出しも多くやってきましたが、2年目となった今でも不安はつきません。出来ることが増えた分、責任感も増えたことを実感しています。未熟な面が多々ありますが、先輩方から安心して仕事を任せてもらえるよう、これからも御指導頂きながら日々努力していこうと思います。また患者様・御家族より信頼して頂けるよう頑張っていきます。

西5階 髙橋未来
看護師として2年目を迎えました。1年目は看護業務に慣れることで精一杯で、周りが全く見えておらず、目の前の患者様しか見えていませんでしたが、今は他の患者様にも声かけが出来るようになってきました。最初は不安なことが多くありましたが、プリセプターを初めとする諸先輩方からのご指導をいただき、今では忙しい中でも楽しく業務を行なうことができています。日々学習しながら、患者様や家族の方から信頼されるように、看護師として成長していきたいと思います。

外来 大塚雅弥 
佐野厚生病院に就職して1年が過ぎました。看護部長さんをはじめ師長、主任、先輩方皆さんがあたたかく見守り支援してくださるおかげで、やりがいを感じながら1年間楽しく仕事に励むことができました。これからも笑顔を忘れず、報告、連絡、相談を徹底し、チームワークを大切にして一日一日成長していきたいと思います。

看護部 手術室紹介

手術室紹介

 中央クリーンホール型手術室は、バイオクリーンルームを含む全8部屋で年間約2900件の手術を行っています。外科治療の大きなウェイトを占め、チーム医療の重要さが求められる手術室は、麻酔科常勤医・看護師21名・看護助手5名・事務2名で勤務しています。看護師の勤務体制は、変則勤務(遅番・残り番・早番)以外は日勤業務で、月1~2回程度の救急センターでの夜勤があります。
当院には脊椎センターが設置されているため、脊椎の手術が多く、また、乳腺外科のセンチネルリンパ節生検・内視鏡手術(肺・胆・胃・腸・子宮付属器)などの先進医療手術も増加しており、手術介助のみならず、患者の精神的援助や安全・安楽に向けた看護の役割は、大きなやりがいであり、専門職としての個人の力量を発揮できる環境で頑張っています。

f0sh28

当院の看護部紹介ビデオ

「忘れられない看護エピソード」集から看護師のやりがいを求めて<所要時間13分>

一部のブラウザおよび再生する端末のスペックにより、再生されないあるいはスムーズでない
場合があります、ご了承ください。
InternetExplorerの場合動画スタートまで30秒~1分くらいかかる場合もあります。
再生までお待ちいただけると幸いです。

平成28年度入職者紹介

再就職して思うこと

産婦人科外来 杉浦 恵美子
k.sugiuera

2月から産婦人科外来に勤務しています。
産婦人科での経験は病棟の経験しか無く、外来勤務は初めてとなります。
病棟とは違った業務に、最初の頃はなかなか慣れませんでしたが、周りのスタッフの方が優しく指導してくださるおかげで、少しずつですが仕事を覚え、また楽しく働けるようになってきました。
産婦人科ということで、女性特有の病気がたくさんあり、また妊娠、出産、産後に至るまでの幅広い知識や、技術が必要になります。
プライバシーに配慮した診察介助や、言葉かけなどを心がけるようにしています。
まだまだ知識や技術も未熟な部分が多いので、日々勉強しながら、成長していきたいと思います。

看護師となった今

手術室 庄子 拓哉
t.syouji

佐野厚生総合病院に勤務し、約2か月が経ちました。4月より、手術室に配属となりました。当院の手術室では、一日に約10件程度の様々な科の手術が行われています。手術室という高度な医療の現場で、器械出し、麻酔の介助、患者さんへの精神的援助など、毎日緊張感のある業務を行っています。手術室でしか経験できないことを経験し、先輩方やプリセプターの方から優しくご指導して頂き、出来る業務も少しずつ増え、日々やりがいを感じています。これからも、患者さんのことを常に念頭に置き、より良い看護の実践、自己研鑽に努めていきたいと思います

再就職して思うこと

西3階 稲葉 優子
y.inaba

産婦人科に勤めはじめてあっという間に2ヶ月が過ぎました。前職場との違いに戸惑うことも多くありますが、産婦人科でしか経験できない体験も多く充実した日々を送れています。先生方も穏やかな方ばかりで、スタッフの皆さんも優しく指導くださり、「大丈夫?」「何かわかんないことあった?」と気遣ってくれています。早く知識・技術を覚え、頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。

佐野厚生総合病院に就職して思うこと

西3階病棟 増山 愛
a.masuyama

佐野康生総合病院に入職して2ヶ月が経ちました。はじめは、わからないことばかりで業務や看護技術を覚えることでいっぱいいっぱいでしたが、先輩方が優しく丁寧に教えて下さり声かけなどしてくれるので、安心して働くことができています。まだまだ、慣れないことやわからないことが多いですが、日々妊産褥婦さんと関わりながら、知識や技術を学んでいき患者様に寄り添えるような助産師を目指し頑張りたいと思います。

就職して思うこと

西3 池田 寛美
h.ikeda

産婦人科に勤めはじめ、2ヶ月が過ぎました。
戸惑うことや、前職場との違いを感じることが多くありました。
前職場の科と異なる為、勉強の毎日です。
スタッフの皆さんが、丁寧に指導していただいているので、早く知識・技術を覚えていきたいと思います。
よろしくお願いします。

佐野厚生総合病院に就職して思うこと

西3 鈴江 理恵
e.suzue

佐野厚生総合病院で助産師として勤め始めて2ヵ月経ちました。はじめは慣れない業務に戸惑うこともありましたが、妊産婦さん、お産後のお母さんや赤ちゃん、ご家族と関わりながら、やっぱり私は助産師の仕事が大好きだと強く思う毎日です。まだ慣れないことも多く、これからも知識や技術、病院のシステムを学んでいかなくてはと思います。よろしくお願いします。

看護師となった今

西4階 高村 郁美
k.takamura

看護師となって2か月が経ちました。めまぐるしい業務に悪戦苦闘しながらも、患者さんと関わる中で必要な知識・技術を先輩方から教えていただきながら振り返り・自己学習を行いながら、患者さんから頂く「ありがとう」の言葉や笑顔を喜びに日々の業務にあたっています。今の自分にできることは微々たるものですが、1日でも早く業務に慣れ、看護師として心身ともにスキルアップしていきたいと思います。よろしくお願いします。

1年目看護師としての抱負

西4 中島 菜摘
n.nakazima

入職して2か月経ちましたが、覚えることの多さと日々の忙しさに圧倒されながら過ごしています。まだ知識は浅く技術も未熟ですが、日々の業務の中からたくさんのことを学びいろいろな技術を行い、それが自分に身についていくことを感じられ充実感があります。1年目はとくに知識や技術を身につける大切な時期だと思うので、現場で学んだことを振り返り、確実に身につけていけるようにしたいです。そしてメンバーの一員として役に立てるよう頑張りたいです。よろしくお願いします。

佐野厚生病院に就職して思うこと

西5階 恩田 智美
t.onda

就職して2か月が経ちましたが、まだまだ分からないことも多く、いっぱいいっぱいの毎日です。忙しい毎日のなかでも、先輩方が大丈夫?と声かけてくれて、安心して働けています。少しでも早く慣れるよう、頑張っていきたいと思っています。今後も宜しくお願いします。

西5階病棟 時﨑 瑞季
m.tokidaki

メッセージ:西5階病棟に勤務し2ヶ月が経ちました。毎日バタバタしていて緊張や戸惑いの日々ですが、その中でやりがいや楽しさを見つけ、今とても充実しています。
私は中途採用で前病院では療養病棟が長く、急性期病棟で働くことへ不安ばかりでした。でも折角の転職なら!と急性期を希望させて頂きました。
久しぶりの急性期。まだまだ勉強不足・経験不足で分からないことも多いですが、先輩方の指導のもと、1日も早く1人前に働けるようになりたいです。
一緒に働くスタッフはもちろん、患者さまやご家族にも信頼して頂ける看護師になれるように日々努力を続けたいと思います。よろしくお願いします。

1年目看護師としての抱負

西6階 篠原 春佳
h.sinohara

佐野厚生病院に就職し2ヶ月が経ちましたが、私の所属している西6階病棟は主に急性期の患者さんが多く、目まぐるしい日々を送っています。その中で、先輩ナースの皆さんは私に優しく、そして厳しく御指導をして下さっています。しかし、先輩方に看護技術・知識を教えていただいて自分ではわかっているつもりでいても、患者さんの前で生かせなければ意味がありません。これからますます自己学習や日々の振り返りを行なっていき、早く患者さんや先輩からも信頼されるような看護師になりたいです。

1年目看護師としての抱負

西7階 山崎 光世

看護師となって3年経ちますが、病棟勤務は初めての経験です。わからないことや未経験の看護業務が多々あり忙しい毎日ですが、その中で病棟の先輩方は丁寧に教えてくださります。教えて頂いたことを大切にして、看護師として成長していけるように日々頑張っていこうと思います。

佐野厚生総合病院に就職して思うこと

東3階 新島 亜依
a.niizima

学校卒業後、4年間館林の病院で勤務し、その後開業医の産婦人科で4年間勤務してきました。知識や技術を高めていきたいと思い、佐野厚生総合病院に就職を決めました。就職して2ヶ月経ちましたが、前職場では経験出来なかったことも多く、日々勉強の毎日です。更に成長出来るよう頑張りたいと思います。よろしくお願いします。

看護師としての抱負

東3階 長谷川 広美
h.hasegawa

准看護師として勤務していた私は、より多くの知識や技術を身に付けたいと思い、看護学校への進学を決意しました。働きながら学校へ通う為に様々なサポートをして下さった病院や病棟の皆様に深く感謝しています。看護師として働き始めた今、まだまだ知識不足や経験不足によりうまくいかない事は多々ありますが、日々の業務を振り返りながら学びを深め、成長していきたいと思います。よろしくお願いします。

佐野厚生総合病院に就職して思うこと

東6階 沼田 真衣
m.numata

看護師として就職をしてはや2ヶ月、毎日看護業務に追われる忙しい毎日を送っています。毎日業務をやっていく中で新しく覚えることがたくさんあり、悩むところがありますが、先輩達に分からないところを少しずつ教わりながら覚えています。まだまだ分からないことだらけですが、今後患者さんに関わりながら知識や看護技術を学んでいきたいと思います。よろしくお願いします

1年目看護師としての抱負

東6階 青木 拓磨
t.aoki

東6階で働いてから約2ヶ月が経ちました。毎日仕事を覚えることに必死ですがプリセプターや先輩たちの的確なフォローや優しい声かけのおかげで日々を乗り越えることができています。学ぶことが多いため仕事後は1日の振り返りの毎日ですが、患者さんや家族の方に良い看護が提供できるように正しい知識と技術を身につけていきたいと思います。そして早く先輩たちに近づけるように日々の努力を積み重ねていきたいです。

佐野厚生総合病院に就職して思うこと

東7 岡島 由利果
y.okazima

日々未だ分からない事ばかりで緊張・不安の毎日です。しかし、私が困っていると「大丈夫?」と声をかけ、アドバイスをして下さったりとプリセプターさんを始め周りのスタッフの方々に支えて頂きながら1つ1つ学んでいます。不器用な私ですが1日でも早くメンバーの一員として役に立てるよう頑張りたいと思います。

単科から総合病院へ

東8階 後藤 久志
h.goto

私は7年間精神科単科の病院で働いていましたが、看護師としてスキルアップをしたいと考え、佐野厚生総合病院に就職しました。
佐野厚生総合病院でも精神科への配属となり、総合病院での仕事がスタートしました。
最初は合併症患者様の多さや処置の豊富さなど、単科と総合病院の違いに戸惑うことが多く不安になるときもありました。
しかし、先輩方のご指導の下、一つ一つ業務を覚えていくことができ、自分にもできることが増えてくるごとに不安は小さくなっていきました。
覚えることはたくさんありますが、今後も精一杯頑張っていきたいと思います。

看護師として働き始めて

東8階 大澤 祐一
y.oosawa

私は東8階へ勤務し始めて2ヶ月しか経験していませんが、とても充実した日々を送っています。
指導してくださるプリセプターや周りのスタッフはとても丁寧で親切に対応してくださいます。
私はまだまだ未熟で習得すべき技術や知識はまだたくさんありますが、一つ一つ、確実にできるようにしていきたいです。

看護師になって

東8階 長野 匠汰
t.nagano

入職して2ヶ月が経ちました。精神科は人と人とのコミュニケーションが重要となるため、様々な患者様に合わせた会話を行う必要があります。
時には対応が難しくプリセプターを始めとした先輩方に相談しながら学ばせていただいています。
徐々に業務にも慣れ、任されることも増え、大きな不安と希望の毎日ですが、自分のペースで精進していこうと思っています。
多くの患者様の心の拠り所となれるような、看護をしていきたいです。

佐野厚生総合病院に就職して思うこと

外来(内視鏡) 鈴木 純子
j.suzuki

私は、内視鏡が大好きです。魅力は、治療の経過が目で見てわかるところ、たくさんの処置具をつかえるところです。内視鏡技師会での当院医師の講義を受け、ここの内視鏡室で学びたい!と思っていました。子供の成長とともに、家族で転居する事となり、入職する事ができました。入職して2ヶ月がたち、知識の豊富なスタッフからの刺激を受け、さらに学びたいという思いで日々業務に励んでいます。まだ不慣れな点は多々ありますが、一員として役にたてるよう頑張っていきます。よろしくお願いします。

当院の看護部紹介ビデオ

ともに学び 成長できる 充実した看護教育体制 <所要時間14分>

一部のブラウザおよび再生する端末のスペックにより、再生されないあるいはスムーズでない
場合があります、ご了承ください。
InternetExplorerの場合動画スタートまで30秒~1分くらいかかる場合もあります。
再生までお待ちいただけると幸いです。

Copyright © 2017 SANOKOUSEI GENERAL HOSPITAL ALL RIGHT RESERVED. 佐野厚生総合病院