ようこそ! 佐野厚生総合病院のホームページへ

ms dir pic
佐野厚生農業協同組合連合会
佐野厚生総合病院
(むらかみ まろひと)
院長 村上 円人

 佐野厚生総合病院は、昭和12年に地域の中核病院として開院した歴史と伝統のある病院です。
両毛地区に根差した「ケアミックス型の基幹病院」として成長を続けております.高水準の急性期医療を中心に、地域包括ケア病棟、療養病棟、精神神経科病棟も有しており、包括的に地域医療に貢献してまいりました。

 「地域医療支援病院」として、2018年2月から佐野市医師会・病院連携協議会の定期開催が始まり、実務レベルの役割分担の協議が可能となりました.紹介率は上昇傾向で2018年4月には90%を越えました。佐野市救急車のおよそ7割を受け入れるなど、佐野市唯一の「救急輪番病院」であります.今後も、急性期医療、そして小児医療と周産期の拠点として佐野市民のために地域貢献していく所存でございます。

 2018年3月に、行政のご支援のもとDMAT、災害派遣医療チームが発足しました。佐野市や館林地区の災害拠点として「災害拠点病院」取得をめざす計画が進んでおります。また、両毛地区で唯一の「地域がん診療連携拠点病院」として、消化器系、呼吸器系、乳腺のがんを中心とした高度医療の提供をしております。2017年には、がん患者支援とがん征圧の活動を評価され「リレー・フォー・ライフ・ジャパン栃木」より感謝状を授与されました。また、2018年5月には、佐野市民公開講座である「市民のためのお医者さんの話」の第1回を開催しました.今後も、市民への健康情報発信を継続してまいります。

 2017年10月に研修センターが立ち上がり、2018年4月に内科専門医基幹施設の新規の申請を終え、初期研修から内科専門医研修へつながる組織作りと、コメディカルの教育体制強化が始まりました。また2018年5月に新たに「多種職による糖尿病チーム」が発足し生活習慣病指導のレベルアップをめざしております。「脊椎センター」では、両毛地区で最多の手術の実績がございます。2018年度は30床ある「透析センター」のリニューアルが始まりました。また、昨年来「内視鏡センター」の立ち上げの準備中です。

 私も昨年6月に病院長を拝命して1年を迎えます。様々な課題に対して上記のように対応を始めております。また2019年度の電子カルテシステムの更新に向けて、「業務運用の標準化」にも着手しております。新しい「人事評価体制」や新しく「外部職員による職員メンタルケア体制」も稼働しており、やりがいのある明るい職場作りをめざしてまいります。以上のように今、病院は「リスタート元年」を向かえようとしております。今後も地域に信頼される病院として成長を続けられますように、病院スタッフ全員が一丸となって努力してまいります。

 今後とも、皆さまの変わらぬご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

病院の紹介

開設者

佐野厚生農業協同組合連合会 代表理事会長 時﨑 栄

建物概要

敷 地 41,068.47㎡
構 造 地上8階地下1階 鉄筋コンクリート(耐震構造)
建築面積 11,237㎡
延床面積 41,012.29㎡
病床数 531床(一般376床、感染症4床、精神51床、療養型100床)
駐車場 560台(患者専用)

開設日

設立年月日 昭和12年7月17日
現病院開設日 平成15年3月15日

診療科(標榜科)

全科21科
  • 内科
  • 循環器科
  • アレルギー膠原科
  • 神経内科
  • 小児科
  • 精神神経科
  • 外科・乳腺外科
  • 呼吸器外科
  • 整形外科
  • 形成外科
  • 脳神経外科
  • 皮膚科
  • 眼科
  • 産婦人科
  • 耳鼻咽喉科
  • リハビリテーション科
  • 放射線科
  • 歯科口腔外科
  • 麻酔科(ペインクリニック)
  • 心臓血管外科
  • 泌尿器科

 

職員数(平成29年9月現在)

 774名(医師:74名 看護師:398名 その他:302名)

 

施設認定(平成30年5月1日現在)

  • 日本医療機能評価機構 病院機能評価 3rdG
  • 厚生労働省臨床研修指定病院
  • 専門医制度認定研修施設
  • 地域医療支援病院
  • 地域がん診療連携拠点病院
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設
  • 日本緩和医療学会認定研修施設
内科
  • 日本内科学会教育病院
  • 日本循環器学会指定循環器研修施設
  • 日本呼吸器学会認定施設
  • 日本消化器病学会認定施設
  • 日本肝臓学会認定施設
  • 日本糖尿病学会認定教育施設
  • 日本内分泌学会認定教育施設
  • 日本腎臓学会研修施設
  • 日本透析医学会認定施設
  • 日本高血圧学会専門医認定施設
  • 日本呼吸器内視鏡学会認定施設
  • 日本消化器内視鏡学会指導施設
  • 日本大腸肛門病学会認定関連施設
小児科
  • 日本小児科学会専門医関連施設
  • 日本内分泌学会(小児科)認定教育施設
外科
  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 日本乳癌学会関連施設
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会認定エキスパンダー実施施設
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会認定インプラント実施施設
皮膚科
  • 日本皮膚科学会認定専門医研修施設
脳神経外科
  • 日本脳神経外科学会専門研修プログラム連携施設
整形外科
  • 日本整形外科学会専門医研修施設
耳鼻咽喉科
  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設
  • 日本気管食道科学会認定気管食道科専門医研修施設(咽頭系)
産婦人科
  • 母体保護法指定医師研修施設
  • 日本産婦人科学会認定医制度専攻医指導施設
  • 日本産婦人科学会専門研修連携施設
  • 日本周産期・新生児医学会認定補完施設(母体・胎児)
精神神経科
  • 栃木県指定精神病院
  • 日本精神神経科学会精神専門医研修施設
麻酔科
  • 日本ペインクリニック学会指定研修施設
  • 日本麻酔科学会麻酔科認定病院
呼吸器外科
  • 呼吸器外科専門医合同委員会認定関連施設
歯科・口腔外科
  • 日本口腔外科学会専門医准研修施設
検査科
  • 日本臨床細胞学会認定施設
  • 日本超音波医学会認定専門医研修施設
健康管理
  • 日本人間ドック学会2日ドック優良施設認定施設

関連病院認定

  • 慶應義塾大学病院医療連携協力医療機関
  • 自治医科大学附属病院地域連携協力施設
  • 獨協医科大学病院医療連携協力機関

基本診療料(平成30年6月1日現在)

  • 地域歯科診療支援病院歯科初診料
  • 歯科外来診療環境体制加算
  • 歯科診療特別対応連携加算
  • 一般病棟入院基本料(7対1)
  • 療養病棟入院基本料2
  • 精神病棟入院基本料
  • 超急性期脳卒中加算
  • 診療録管理体制加算1
  • 医師事務作業補助体制加算2(15対1)
  • 急性期看護補助体制加算(25対1)
  • 看護職員夜間配置加算
  • 看護補助加算2
  • 療養環境加算
  • 重症者等療養環境特別加算(個室)
  • 療養病棟療養環境加算1
  • 緩和ケア診療加算
  • 精神病棟入院時医学管理加算
  • 精神科身体合併症管理加算
  • 栄養サポートチーム加算
  • 医療安全対策加算1
  • 感染防止対策加算1
  • 患者サポート体制充実加算
  • 褥瘡ハイリスク患者ケア加算
  • ハイリスク妊娠管理加算
  • ハイリスク分娩管理加算
  • 精神科救急搬送患者地域連携紹介加算
  • 総合評価加算
  • 呼吸ケアチーム加算
  • 後発医薬品使用体制加算3
  • データ提出加算2
  • 入退院支援加算
  • 認知症ケア加算2
  • 精神疾患診療体制加算
  • 精神科急性期医師配置加算
  • 地域歯科診療支援病院入院加算
  • ハイケアユニット入院医療管理料2
  • 小児入院医療管理料4
  • 地域包括ケア病棟入院料2
  • 精神科急性期治療病棟入院料1

特掲診療料(平成30年6月1日現在)

  • 高度難聴指導管理料
  • 糖尿病合併症管理料
  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • がん患者指導管理料イ
  • がん患者指導管理料ロ
  • がん患者指導管理料ハ
  • 外来緩和ケア管理料
  • 乳腺炎重症化予防・ケア指導料
  • 院内トリアージ実施料
  • 救急搬送看護体制加算
  • 外来放射線照射診療料
  • ニコチン依存症管理料
  • 療養・就労両立支援指導料相談体制充実加算
  • がん治療連携計画策定料
  • 肝炎インターフェロン治療計画料
  • ハイリスク妊産婦連携指導料1
  • 薬剤管理指導料
  • 検査・画像情報提供加算及び電子的診療情報評価料
  • 歯科治療総合医療管理料
  • 医療機器安全管理料1
  • 在宅患者訪問看護・指導料及び同一建物居住者訪問看護・指導料
  • 持続血糖測定器加算
  • 持続血糖測定器加算 (旧 皮グル)
  • HPV核酸検出及びHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)
  • 検体検査管理加算 (Ⅰ)
  • 検体検査管理加算 (Ⅱ)
  • 胎児心エコー法
  • 時間内歩行試験及びシャトルウオーキングテスト
  • 補聴器適合検査
  • コンタクトレンズ検査料1
  • 小児食物アレルギー負荷検査
  • CT透視下気管支鏡検査加算
  • 画像診断管理加算1
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 冠動脈CT撮影加算
  • 心臓MRI撮影加算
  • 抗悪性腫瘍剤処方管理加算
  • 外来化学療法加算1
  • 無菌製剤処理料
  • 心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション料
  • 歯科口腔リハビリテーション料(Ⅱ)
  • 精神科ショート・ケア「大規模なもの」
  • 精神科デイ・ケア「大規模なもの」
  • 医療保護入院等診療料
  • エタノールの局所注入(甲状腺)
  • エタノールの局所注入(副甲状腺)
  • 人工腎臓
  • 導入期加算1
  • 下肢末梢動脈患者指導管理加算
  • CAD/CAM冠
  • 組織拡張器による再建手術(乳房(再建手術)の場合に限る
  • 骨移植術(軟骨移植術含む)(自家培養軟骨に限る)
  • 脊髄刺激装置植込術及び脊髄刺激装置交換術
  • 乳がんセンチネルリンパ節加算1
  • 乳がんセンチネルリンパ節加算2
  • ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)
  • ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
  • 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
  • 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
  • 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
  • 輸血管理料Ⅰ
  • 輸血適正使用加算
  • 人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
  • 胃瘻造設時嚥下機能評価加算
  • 広範囲顎骨支持型装置埋入手術
  • 麻酔管理料(Ⅰ)
  • 高エネルギー放射線治療
  • 保険医療機関間の連携による病理診断
  • クラウン・ブリッジ維持管理料
  • 酸素購入単価

 

食 事(平成30年5月1日現在)

  • 入院時食事療養(Ⅰ)

医療機関の方へ

 地域の先生方には、日頃より当院地域医療連携へのご支援・ご指導をいただきまして、深く感謝いたします。 今後、病院と診療所との緊密な連携や適切な機能分担は、ますます重要となってきます。当院では、患者さんの紹介・逆紹介、救急の受入れ強化を図っていきたいと考えます。返信の滞りや、救急受け入れの相談など、些細なことでもお気づきの点がございましたら、地域医療連携室までご連絡いただければと思います。

診療予約について

  • 紹介患者受入れのながれ (pdf)
    • 紹介患者の優先診療について
      • 当院は紹介患者の優先診療を行っており、連携登録医とのより円滑な診療連携に取り組んでおります。診療時間内に受診をするようにご指導をお願いいたします。
    • 救急患者の対応について(日勤時間帯)
      • 救急患者や受付時間外の受入れについては、地域医療連携室に必ずご連絡ください。救急センターでの受入れがより円滑になります。
    • 内科診療予約について
      • 内科紹介患者に関しましては、電話予約を行っております。(下図)
      • 電話予約は医療機関からのみ受け付けております。患者さんからの直接電話予約は受け付けておりませんのでご了承ください。

電話予約図

 

  • 上部内視鏡予約が出来ます (pdf)
    • 従来、かかりつけ医の先生が上部内視鏡検査の必要性があり当院の予約をする場合は、消化器内科医の診察予約しかできませんでした。 患者さまの受診日は外来受診(1日)、検査(1日)と2日かかっていました。 この度、かかりつけ医の先生が直接、上部内視鏡検査予約を取れるシステムに変更させていただきました。これにより患者さまの受診日は検査日1日のみで済むようになります。是非、ご活用ください。

上部内視鏡予約図

 

  • 栄養指導について(★栄養指導始めます。毎週木曜 PM 3名)

 栄養士が約1時間かけてお話させていただきます。
指導内容につきましては、患者様ご本人に担当医師(関根忠一医師)からお渡しするとともに、後日、栄養士からご依頼の先生まで郵送させていただきます。
また、一度の栄養指導では不充分と思われる患者さまには、栄養士が栄養指導の次回予約をとらせていただき対応いたします。 以下の指導を行うことができます。

□糖尿病   □肥満   □痛風  □脂質異常症
□高血圧症  □肝臓病  □貧血  □膵炎
□胃潰瘍   □ネフローゼ症候群  □腎炎
□潰瘍性大腸炎□クローン病□透析食 □腎不全
□心臓病   □肝不全  □糖尿病性腎症 □妊娠高血圧症候群

 診察
(関根医師)
栄養指導
(約1時間)
診療点数(初診料282点)
栄養指導料130点
+診療情報提供書250点 
金額(円)
1 13:45 14:00 662点   3割 1,990
2 14:45 15:00 2割 1,320
3 15:45 16:00 1割 660

ご依頼方法:地域医療連携室で予約
専用の診療情報提供書をお送りいたしますので、患者様にお渡しいただき、当日持参していただくようお話しください。

 

連携登録医制度について

「佐野厚生総合病院登録医に関する規定」をご一読の上、「登録医申請書」(第1号様式)と「医療機能情報アンケート」(第2号様式) 合わせて2枚に必要事項を記載いただき、当院地域医療連携室宛てにご郵送いただければ幸いです。なお、「医療機能情報アンケート」(第2号様式) は診療連携の一助とさせていただく内部資料なので、記載できる項目だけで構いません。
なお、ご登録いただきました先生方には後日、改めて当院から「連携登録医証」をお届けいたします。

 

  • 連携登録医の先生方へ

 当院へお越しの際は、地域医療連携室若しくは、防災センターにて連携登録医ネームカードをお渡しいたします。「佐野厚生総合病院登録医に関する規程(PDF)」に沿ってご活用ください。
返却は受付場所若しくは防災センターまでお願いいたします。
(白衣も用意してありますので必要な場合はお申し付けください。)

  • 受付時間:月曜~金曜 8:30~17:00 第1・3・5土曜  8:30~12:45
  • 受付場所:上記時間・・・患者支援センター(地域医療連携室)(※1)(正面玄関入口)
    時間外(7/17、8/15、12/29~1/3を含む)・・・防災センター(西側時間外入口)(※2)

 

F1annaizu20151130

 

講習会・研修会について

 講習・研修内容専門領域開催日
1 地域がん診療連携セミナー PDF   平成29年11月24日(金) 
2 地域がん診療連携合同カンファレンス PDF   平成29年6月30日(金) 
3 佐野内科医会学術講演会      
4 特別講演会又は地域診療連携セミナー PDF
PDF
PDF
PDF
放射線科
麻酔科
腎臓内分泌代謝内科
抗菌化学療法
平成29年11月2日(木)
平成29年11月27日(月)
平成30年1月15日(月)
平成30年7月13日(水)
5 感染対策講習会      
6 褥瘡対策講演会    
7 紹介症例報告会 PDF 精神神経科
内科
口腔外科
平成30年3月2日(金) 
8 栃木県医師会主催の研修会      
9 専門領域における研究会・講演会 PDF  内科  平成29年10月18日(水)
10 その他 PDF  多職種交流 平成30年2月17日(土)

 

 

吸入指導の連携について

喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療の主体は吸入療法です。しかし、正しい手技により確実に吸入できないと、吸入薬の効果が期待できません。また、吸入薬の種類がたいへん多く、吸入手順もそれぞれのデバイス(器具)で異なるため、患者さんも指導に当たる医療者も戸惑うことが少なくありません。

そこで、佐野地域内における喘息・COPD患者への吸入療法の普及と手技の標準化を目指し、佐野病薬診連携の会を立ち上げ、病院・診療所の医師と病院薬剤部および保険薬局が連携して吸入指導を始めることとしました。取り組みの一つとして、患者情報を共有して患者指導ができるよう、吸入指導依頼書プロセスフローと吸入指導依頼書・評価表を作成しました。下記のリンクからダウンロードできますので、ご活用ください。なお、標準手順書に関しましては、群馬県薬剤師会様のご理解ご協力のもと、その手順に従い運用させていただいておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 

吸入連携の流れおよび評価表

 

群馬県薬剤師会ホームページ

 

転院について

 

img link up 03

 

 

枠線内のみご署名いただければ結構です。
なお、当院にて入院手続きを行っていいただく際に、再度すべての欄にご署名いただくことになります。ご了承ください。

 

 

 

 

お問い合わせ先

佐野厚生総合病院 地域医療連携室
受付時間 8:30~19:00(月~金) 8:30~12:45(第1・3・5土曜)
℡ 0283-22-5233 (直通)8:30~17:00
℡ 0283-22-5222 (代表)17:00~19:00(月~金)
FAX 0283-22-8982(直通)
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
担当:廣瀨・金子・机・橋本

佐野厚生総合病院の紹介

病院沿革

昭和12年7月 医療利用組合連合会 佐野病院設立
     
1973年病院外観
 47年12月 佐野厚生総合病院となる
 54年3月   病院群輪番制、二次救急医療機関指定
 62年12月   人間ドック新設
 63年4月   歯科・口腔外科開設
平成7年3月   人工透析室新設
 9年4月   JA佐野厚訪問看護ステーション「かたくり」開設
 11年4月   在宅介護支援センター開設
 14年3月   オーダーリングシステム導入
 15年3月 新病院に新築移転
     
2003年3月病院外観
  4月   医療福祉相談室開設
  8月   高度生殖医療開始
  11月   地域医療連携室開設
 16年3月   厚生省臨床研修病院指定(基幹型)
  5月   回復期リハビリテーション病棟開設
 17年6月   日本医療機能評価機構のVer.4.0認定
 19年1月   がん診療連携拠点病院指定
  5月   看護基準(一般病棟7:1)承認
 20年4月   DPC(診断群分類別包括評価)導入
  7月   呼吸器外科開設
 22年4月   心臓血管外科開設
  6月   日本医療機能評価機構のVer.6.0更新
 23年11月   電子カルテ導入
 27年8月   日本医療機能評価機構3rdGVer_1.0認定
 28年5月   地域医療支援病院承認
 29年10月   公的医療機関2025年プラン発表
  11月   院内組織改編 研修センター設置
 30年3月   DMAT(災害派遣チーム)発足
  3月   地域包括ケア病棟開設(回復期リハビリテーション病棟から転換)

佐野厚生農業協同組合連合会
特別養護老人ホーム きんもくせい

基本理念

協同の精神と思いやりの心

基本方針

謙虚な姿勢と思いやりの心をもって、その人らしい明るく楽しい笑顔に包まれた生活空間を創造し、地域の方々に愛される特別養護老人ホームを目指します。

特別養護老人ホーム

定員 50 名(1 ユニット 10 名/計 5 ユニット)
全室個室・ユニット型

○ご利用できる方

原則として、要介護3から要介護5までの方がご利用いただけます。 特例入所と判定が出た場合には、要介護1、要介護2の方もご利用いただけます。

○入居までの流れ
(1)ご相談

生活相談員から施設概要や入所までの流れ、料金等を説明させていただき、パンフレットや申込書類をお渡しいたします。
ご相談や施設見学は、曜日問わず 9:00~17:00 まで随時対応させていただきますので、お問い合わせの上お越しください。

(2)申込み

以下の申込書類に必要事項をご記入の上、ご持参又はご郵送ください。
・入所申込書
・入所に係る介護支援専門員意見書(担当の介護支援専門員に作成依頼をお願い
いたします。担当の介護支援専門員がいない場合は、施設までご連絡ください。)
・介護保険被保険者証の写し

(3)入所判定

評価基準により点数を算出いたします。
順位にそって訪問調査を実施し、入所検討委員会にて総合的に検討いたします。

(4)入所決定後

健康診断を受けていただきます。
入所日に関しては、ご家族様とご相談の上決めさせていただきます。
入所前に重要事項説明と、契約締結を行います。

短期入所生活介護(ショートステイ)

定員 10 名(1 ユニット 10 名/計 1 ユニット)
全室個室・ユニット型

○ご利用できる方

介護認定を受けている要支援1・2の方、要介護1~5の方がご利用いただけます。

○入居までの流れ

ショートステイのご利用を希望される方は、担当の介護支援専門員または、きんもくせいまでお問い合わせください。

きんもくせいの生活紹介

昨年はボランティアの方にご協力いただき、篠笛、よさこい、日本舞踊やベリーダンスなどの鑑賞会を実施いたしました。また、レク委員会を中心に行事を企画しており、季節に合わせたお食事も提供しています。
kinmoki1

敬 老 会
敬 老 会
・栗おこわ
・すまし汁(菊、三つ葉)
・銀鱈の西京焼
・天ぷら盛り合わせ
・炊き合わせ
・白和え
・茶わん蒸し かに餡かけ
土 用 丑 の 日
土 用 丑 の 日
・鰻丼
・すまし汁(あられはんぺん、糸三つ葉)
・大根ときゅうりの梅あえ
・山芋の焼き漬け
・みかん
ク リ ス マ ス
ク リ ス マ ス
・オムライス
・コーンポタージュ
・タンドリーチキン
・ポテトサラダ
・フルーツポンチ

お申し込み・お問い合わせ (8:30~17:30)

〒327-0843
栃木県佐野市堀米町 3956-10
TEL 0283-85-8823
FAX 0283-85-8813
土日祝日に施設までお越しの際は、東口からの出入りをお願いいたします。

特別養護老人ホーム きんもくせいパンフレットはこちらからダウンロードください。

Copyright © 2018 SANO KOSEI GENERAL HOSPITAL ALL RIGHT RESERVED. 佐野厚生総合病院