健康管理センター

健康管理センター長からのメッセージ

「健康で長寿」、これは誰もが願うことです。そのために必要なことは何でしょうか?
病気になってしまったら診療所や病院を受診するしかありません。手術が必要なら手術するしかありません。がんで苦しむのも嫌だし、脳卒中になって寝たきりになるのも嫌だと思います。
予防できる病気がたくさんあります。そのためには健診が必要です。健診で異常を早期に発見して、早期に治療する、これが基本です。例えば高血圧が発見されたら、塩分を極力制限し、必要な薬を投与してもらいましょう。そうすれば脳出血予防になります。糖尿病が発見されたらすぐに食事療法・運動療法の指導を受け、必要な治療を受けましょう。そうすれば脳梗塞、心筋梗塞、腎臓病、失明、がんなどの予防になります。ピロリ菌は胃がんの原因ですから、一度は検査をしていただき、もし陽性なら薬を一週間内服して治療してもらい胃がんを予防していただきたいです。もしB型肝炎ウィルスやC型肝炎ウィルスを保有している場合は専門医にかかり、現在国の補助の元に安価で治療できますから、治療を受けて肝がんを予防していただきたいと思います。
また胃内視鏡検査を毎年受けていれば早期胃がんを発見でき、開腹手術でなく内視鏡で切除可能でしょう。便潜血反応が陽性でしたら大腸内視鏡検査を受けていただき、前がん病変や早期大腸がんを切除することも可能です。
健診を積極的に受けて、健康長寿に役立てていただきたいと思います。当健康管理センターではそのためにお役に立てるようにスタッフ一同努力していく所存です。
どうぞよろしくお願いいたします。

《 健康管理センター長  関根忠一 》
  • 昭和56年新潟大学医学部卒業
  • 日本人間ドック学会認定医
  • 日本消化器病学会 専門医・指導医
  • 日本肝臓学会 専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
  • 日本内科学会 認定医
  • 日本医師会認定産業医

Copyright © 2017 SANOKOUSEI GENERAL HOSPITAL ALL RIGHT RESERVED. 佐野厚生総合病院