薬剤部

理念;薬のことは薬剤師に

薬剤部は院内の医薬品適正使用を確立維持するために努力しています。

薬剤部の仕事は 調剤・製剤・注射薬管理・薬剤管理業務・医薬品情報・医薬品供給等に分かれています。全ての患者さんへのお薬の適用が、より有効かつ安全に行われる事を目標として、皆様のご期待にお応えできるよう、今後ともなお一層頑張って行きたいと思っています。

調剤部門

調剤風景

薬剤師が医師の発行する処方箋の内容を確認後、錠剤・粉薬・水薬などの内服薬や、貼り薬・塗り薬・点眼薬などの外用薬の調剤をします。

処方箋は医師によりオーダーされますが、調剤支援システムにより、処方された薬の量や、相互作用、重複などがチェックされ、処方箋、薬袋、お薬の説明書が発行されます。薬剤師は実際に発行された処方箋の薬の量、飲み方、飲み合わせなどをさらに確認してから調剤します。

調剤された薬は再度、別の薬剤師によって点検され、患者さんにお渡ししています。お薬をお渡しする際には、渡し間違いを防ぐために患者さんのお名前をフルネームで確認させていただいております。

初回およびお薬の変更があったときには、薬剤師が説明しています。また、お薬の種類が多い方、飲み方がいろいろで分かりづらい方、ヒート包装を破りづらい方には1回分の薬をまとめて1袋にする「一包化」を行っています。

医療安全の面から、粉薬・水薬・吸入薬についてはバーコードによる薬品チェックを行い、万全の注意を払い調剤を行っています。お薬手帳の記載をご希望の患者さんには、薬局カウンターにて記載させていただきます。

お薬受け渡し

注射部門

注射器管理

注射処方箋をもとに、患者さんごとに注射薬を取り揃え、病棟及び外来に払い出しています。また、溶解後の安定性や配合変化などの情報を医師・看護師に提供し、適切な薬の使用をサポートしています。

さらに、より安全に投与するため、注射剤自動ピッキングシステムを使用し、投与1回ごとの払い出しをしています。抗がん剤治療を行っている患者さんの薬歴管理、薬品の取り揃えを行い、正確、安全な混注、投与ができるようにしています。

製剤部門

製剤室では、院内で決められた製剤や市販されていないが治療上必要な軟膏、点眼薬、坐薬、消毒薬、注射剤などの 特殊製剤を作り、医療の現場に提供しています。

製剤を滅菌するために、高圧蒸気滅菌機(オートクレーブ)を用いています。高品質の製剤品を安全かつ円滑に払い出せるように努めています。

高圧蒸気滅菌機

無菌混注業務

無菌室作業

クリーンルーム内(無菌室)で、食事からの栄養摂取が困難な患者さんに用いられる高カロリー輸液や化学療法に用いられる抗がん剤の点滴注射の混合調製を行っています。

特に抗がん剤治療では外来・入院患者さんが安全に治療が受けられるように、薬剤師が院内で使用されている化学療法の治療計画書(レジメン)の審査・管理に携わっています。調製にあたっては処方がレジメンに基づいているかを確認し、患者さんひとりひとりに合わせた量の抗がん剤を点滴に入れています。

混注業務は無菌室内に設置されたバイオハザード安全キャビネット内で、薬剤師が手袋・マスク・ガウンを着用し、無菌状態を保って調製を行っています。

持参薬管理業務

 当院薬剤部では、患者様の薬と手術や検査などに関わる安全性のさらなる向上を目指して、持参薬管理業務が行われています。

持参薬とは、患者様が入院時に持ち込まれる普段お使いになっている薬(飲み薬・点眼薬・貼り薬など全ての薬)の事です。また、健康食品やサプリメントの確認も行っていますので気軽にお持ちください。

 患者様から預かった薬を薬剤部で確認し、服薬方法や注意点、患者様から直接聞き取った情報などを用紙にまとめ、当院では扱っていない薬の場合などは代替薬の提案も行い、それらの情報を持参薬確認・代替薬提案書に記載し病棟への情報提供を行っています。

持参薬管理業務

病棟業務

病棟薬剤師

病棟薬剤師は患者さんにご自分のお薬を理解した上で治療に臨んでいただけるよう、内服薬や注射薬の説明を行っています。お薬の効果や飲み方だけでなく、食事との飲み合わせや日常生活での注意点なども説明しています。

また、お薬を安全に使用していただくため、副作用や相互作用のチェックも行いより良い処方を提案しています

そのほか、病棟に配置された医薬品を管理しています。さらに、医師や看護師などの医療従事者へ医薬品の情報提供を行うことで医薬品の適正使用に貢献しています。また、栄養サポートチームや緩和ケアチームなどチーム医療の一員としてより良い医療を受けていただけるよう努めています。

医薬品情報部門

医薬品情報室は、薬物治療を有効かつ安全に、患者さんに受けていただくために必要な医薬品情報を、医師・看護師・薬剤師をはじめとするすべての医療スタッフへ提供する部署です。

厚生労働省や製薬会社からの医薬品情報の収集、整理、保管を行い、患者さん及び医療スタッフへ情報発信しています。特に、緊急安全性情報や医薬品の副作用情報については、速やかに対応しています。

医薬品情報

その他、医療スタッフからのお薬に関する問い合わせ対応、他の医療機関で処方されたお薬の鑑別、薬物中毒患者来院時の対処方法の収集と伝達などを行っています。

また、「医薬品情報」を作成し、当院採用医薬品に関する添付文書の改訂内容などを電子カルテシステム内に掲載し、院内のスタッフに活用していただいています。患者さん向けには「健康ひろば」を発行しています。毎回一つの疾患とその治療法について、わかりやすい文章で解説しています。

また、薬事委員会の事務局を努めており、医師、看護師その他スタッフと医薬品の採用などの審議を行っています。 医薬品は情報と一体となって初めてその効力を発揮するという考えのもと、より適正な薬物療法が施行されるために、医師をはじめ看護師その他のスタッフ及び患者さんに対し、すぐに活用できる、生きた医薬品情報を提供することを心がけています。

情報システム部門

情報システム

当院では電子カルテシステムを導入し、病院全体に様々な情報システムが導入され、色々な業務が効率よく行われています。現在、情報システムは医療の提供に不可欠な存在になっています。

薬剤部情報システムでは、医師の処方入力により、プリンターから処方箋や薬袋などが出力されます。また、処方内容については、最新の情報に基づいて、飲み合わせが悪い薬がないか、投与日数が越えていないかなどがシステム上でチェックされるなど、患者さんに安全にお薬を服用していただけるような仕組みを作っています。

がんに関する臨床試験・治験の昨年度の実施状況

(平成25年1月1日~平成25年12月31日)
★当院はよりよいがん治療を目指し、以下の臨床試験に取り組んでいることを報告します
★がんに関する臨床試験・治験の昨年度の実施状況はこちらをご覧ください

医薬品在庫供給管理部門

薬務室では備蓄医薬品の保管管理と調剤室などへの医薬品供給および医薬品卸会社への発注管理を行なっています。

現在の医療は患者さん個々の状態に合わせてお薬が処方されています。同じ病気だとしても状態によっては違うお薬が使われたり、量が異なったりします。総合病院である当院では、多種多様な医薬品を用意して患者さんの治療にあたっています。

医薬品を医療現場に速やかに供給するために、常に医薬品卸等の方々とも連携を密にして医薬品の調達を行っています。

Copyright © 2017 SANOKOUSEI GENERAL HOSPITAL ALL RIGHT RESERVED. 佐野厚生総合病院