看護部 外来A診療部

外来A診療部

A外来は、整形外科・脳神経外科・ペイン・形成外科の4科で構成されています。

整形外科

『整形外科』では医師7名(脊椎専門医3名・手の専門医1名・膝専門医1名・外傷一般医2名)で診療にあたっています。先生方は毎朝7時30分から前日受診された患者さんの一人ひとりの画像カンファレンスを行い、『医療の質』の向上に日夜努力されています。女性では、50歳代で10人に1人、60歳代では3人に1人が「骨粗鬆症」と言われています。50歳を過ぎたら「骨粗鬆症」対策。まずは、骨密度検査をして自分の骨の量を知りましょう。

女性では、50歳代で10人に1人、60歳代では3人に1人が「骨粗鬆症」と言われています。50歳を過ぎたら「骨粗鬆症」対策。まずは、骨密度検査をして自分の骨の量を知りましょう。

脳外科

『脳外科』は常勤医師2名で、主な疾患は頭部打撲・挫創、脳梗塞、脳出血、脳腫瘍などです。頭痛で気になる方は、一度CT検査をお勧めします。

ペイン

『ペイン』では主に神経ブロック法を用いて疼痛の治療を行っています。医師も患者さんの話をじっくりと聞き、別名『心の外来』とも呼ばれています。

形成外科

『形成外科』では医師1名で、主に顔面の外傷や眼瞼下垂、皮下腫瘤等の診療及び手術を行っています。またシミ・ホクロ・あざ等のレーザー治療(一部保険適応外)をしています。

gas

Copyright © 2017 SANOKOUSEI GENERAL HOSPITAL ALL RIGHT RESERVED. 佐野厚生総合病院