看護部 内視鏡室

内視鏡室

消化器内科・外科・呼吸器内科・呼吸器外科の医師が日々交代で担当し、常勤看護師3名、常勤准看護師3名、嘱託准看護師1名(うち消化器内視鏡技師免許取得4名)で対応しています。もちろん休日夜間も、医師1名・看護師1名が24時間体制(コール制)で急患対応可能です。
一部特殊光観察や拡大観察も出来るようになり、早期に胃癌や大腸癌が発見出来る事で、開腹しなくても内視鏡治療で切除できる症例もあります。これは、患者様のQOL(生活の質)の向上に貢献できていると考えています。 また、当院の内視鏡洗浄・消毒は、日本環境感染学会、日本消化器内視鏡学会、日本消化器内視鏡技師会が作成した『マルチソサエティガイドライン』に基づき実施しています。オリンパスの指導のもと適切な点検管理を行っています。
内視鏡室では患者様に、安全で質の高い内視鏡検査・治療提供出来ることを目標に、スタッフ一丸となって日々取り組んでいます。

主な疾患・症状
1)上部消化管内視鏡(食道・胃・十二指腸)…GIF・NGIF
食道 異物・食道炎・食道潰瘍・食道ポリープ・食道癌・食道静脈瘤・食道狭窄など
異物・胃静脈瘤・胃潰瘍・胃ポリープ・胃腺腫・胃癌・急性胃炎・慢性胃炎・幽門狭窄・アニサキス寄生など
十二指腸 十二指腸潰瘍・十二指腸癌・十二指腸炎・ポリープ・憩室など
2)内視鏡的逆行膵管造影…ERCP
膵臓 膵腫瘍・膵のう胞・慢性膵炎・膵アミラーゼ上昇など
胆道 胆道腫瘍マーカー上昇・胆嚢腫瘍(胆嚢腫瘍、胆嚢腺腫、胆嚢ポリープなど)胆嚢結石・胆嚢壁肥厚・胆管狭窄・胆管拡張・胆管結石・膵胆管合流異常・閉塞性黄疸など
3)下部消化管内視鏡…CF
大腸 大腸癌・大腸ポリープ・潰瘍性大腸炎・クローン病・虚血性腸炎・大腸炎・憩室・痔核など
4)気管支鏡…BF
肺・気管支 肺癌・肺結核・胸部異常陰影・喀血など
主な検査・処置・治療
  • 1) 薬剤散布法
  • 2)薬剤局所注射法
  • 3)止血法(クリップなど)
  • 4)食道静脈瘤結紮術(EVL)
  • 5) 内視鏡的粘膜除去術(EMR)
  • 6)内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
  • 7) 局所組織凝固法(APCアルゴンプラズマ・高周波など)
  • 8) 経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)
  • 9)胆管結石等の砕石・結石除去バルーン・胆管細胞診・乳頭切開(EST)・乳頭拡張術など
  • 10)気管支肺胞洗浄(BAL)・気管支肺生検(TBLB)・キュレット・吸痰 ・気管支充填術
  • 11)各臓器生検組織診

nsk

Copyright © 2017 SANOKOUSEI GENERAL HOSPITAL ALL RIGHT RESERVED. 佐野厚生総合病院