専従・認定看護師紹介

専従看護師紹介

感染管理専従看護師 深田 理佳
js-fukaya

感染管理看護師(infection control nurse: ICN)の役割
感染管理は、佐野厚生総合病院を利用されるすべての人(患者さん、ご家族、面会に来られる方、医療従事者など)を、感染から守る活動をします。感染対策チーム(infection control team:ICT)の一員として、感染管理を担当する医師、薬剤師、臨床検査技師、事務部門などと協同することで、効果的な感染管理を実践したいと考えています。また、感染対策チームは、感染管理の実働部隊として定期的な院内ラウンドを行うなど、感染症に罹患したり、広げたりしないように、正しい知識や技術を適切な場所で実践できるよう、病院全体の感染対策に積極的に取り組んで行きます。
感染管理看護師として、感染対策チームの中心的役割を担うため日夜学習の日々です。まだまだ歩き始めたばかりです。「患者さんに安全な入院環境を提供できるよう」「職員には安心して働ける職場環境を一緒に作れるよう」院内の各部門の調整役として、仲間を大切に明るく活動して行きたいと思います。

緩和ケア専従看護師 岡 ゆかり
js-oka

 緩和ケアチーム専従看護師として、がんなどによっておこる痛みや不安など様々な苦痛をできる限り和らげ、患者さんとそのご家族がより豊かな生活を送ることができるように関わらせて頂いています。また、チーム内の医師や薬剤師、栄養士など多職種と連携をとりながら、外来・入院を問わず、関わらせて頂き、直接看護する看護師と情報共有をし、悩みながらも小さな達成感を大切にともに歩んでいきたいと思っています。また、患者さんにとって自分らしい生活を維持するために、地域の医療や介護などの資源を活用できるように必要時地域関係者と協働・連携しています。患者さんが「自分らしさ」を維持するお手伝いができるように日々努力していきたいと思います。

認定看護師紹介

がん化学療法看護認定看護師 加持有美子

 がん化学療法を安全・確実・安楽に患者さんに提供出来ればと思い、がん化学療法の認定看護師を取得しました。現在は、病棟に勤務しております。がん治療における薬物療法を確実に安全に提供が出来、副作用に苦しむことなく安楽に治療が継続出来るように質の高い援助ができればと思っています。効果的な治療を継続するなかで、その人らしい生活が続けていけるようによりよい療養環境を整えることが出来ればと考えています。

がん化学療法看護認定看護師 廣田 弘美

 がん化学療法看護認定看護師として外来化学療法室に勤務しています。現在、外来通院をしながら抗がん剤の治療を行う患者さんが増加しています。安心して安全に治療ができ、治療による副作用や病気への不安など、身体的・精神的な苦痛が緩和されるよう関わらせていただいています。患者さんが自分らしさを保ち日常生活を送りながら治療できるように支援させていただいています。

がん性疼痛看護認定看護師 岡ゆかり

 「目の前の患者さんの痛みを和らげたい!」という思いで、がん性疼痛看護認定看護師を取得しました。痛みと聞くと身体の痛みを連想しますが、身体の痛みだけでなく、病気になったことで生じる精神的な痛み、経済的な痛み、なぜ私が・・・という心の辛さにも対応します。患者さんの生活のなかでの痛みの影響を把握しながら、患者さんやご家族に寄り添い、痛みを一日でも早く和らげることができるようにお手伝いさせて頂いています。

慢性呼吸器疾患看護認定看護師 小堀 範子

 慢性呼吸器疾患看護認定看護師は2012年に新たに誕生した分野です。現在、呼吸器内科病棟に勤務しており、呼吸器看護に関わる中で、慢性閉塞性肺疾患をはじめとする患者さんを対象に呼吸困難感を抱えている患者さんや家族の方に呼吸困難感を緩和しQOLが向上できるような看護を提供したいと考えています。現在は、人工呼吸器装着患者にRST活動を行い呼吸ケアの質の高い看護を提供できることを心掛けています。

Copyright © 2017 SANOKOUSEI GENERAL HOSPITAL ALL RIGHT RESERVED. 佐野厚生総合病院