教育体制

概要

教育目的
  • 看護の対象に、安全で安心と納得のできる看護を継続的に提供する。
  • 専門職として自覚を持つ。
  • 人間性豊かで、主体的に医療チームの連携を図ることが出来る看護師を教育する。
教育目標
  • 専門職として必要な知識・技能の向上に努め根拠に基づいた看護能力を養う。
  • 看護のニーズを的確に把握し、変化に柔軟に対応するためにアセスメント能力を養う。
  • 看護の対象に誠実な態度で関わり、信頼関係を築ける人間性を養う。
  • 医療チームの一員としての役割を自覚し、相手の立場を考えて行動することができる。
  • 一人一人が主体性を持って、生き生きと看護実践に臨める教育目標。
活動内容
  • 新採用者オリエンテーション及び研修会

    新採用者オリエンテーション及び研修会
    • 平成26年度 院内新卒者教育研修日程表
      4/1(火) 電子カルテの概要について、看護記録記載基準、クリニカルパス(講義)
      感染防止の技術 スタンダードプリコーションの実践(講義・演習)
      4/2(水) 感染対策について<各論> (講義)
      救命救急処置技術 急変時の対応、BLS・AED  (演習)
      4/3(木) 危険な薬剤・配合禁忌剤、皮下注、筋肉注、点滴管理、ボトル交換挿入の固定、輸液の計算など
      輸液ポンプ、シリンジポンプの使用方法(講義・演習)
      4/4(金) 口腔ケアについて (講義、演習)、 静脈血採血 (演習)
      4/5(土) 当院における医療安全について
       社会人としてのマナー(接遇教育)
        シミュレーション研修 <多重業務における対応について>
      *4/14(月)~4/18(金)まで 電子カルテ操作教育実施
      *一部抜粋

      多重業務シュミレーションスタート
    • 新人看護師の皆さん「多重業務演習」へようこそ

      さて、この演習では「朝10時の検温時間」を想定しています。あなたは、3人部屋の患者を受け持つことになりました。患者(Aさん、Bさん、Cさん)の情報は下記のとおりです。(質問は受けません)
      3人の患者は、検温の時間で安静に臥床されています。検温は「脈拍測定・血圧測定」のみで結構です。検温時間は15分です。検温中の対応をしてみましょう。
      さあ、検温をスタートしましょう。

    • 〈シナリオ〉
      Aさん: 胃の調子が悪く、精査目的で入院してきました。胃カメラの検査をしましたが、細胞診の結果はまだ出ていません。56歳で、自営業を営んでいる方です。配偶者は他界し、息子夫婦と同居していますが、共働きのためあまり面会に来てくれません。ここ3日間、夜間不眠です。病気のことや家の事情で精神的な不安を抱え、以前から訴えがある方です。
      Bさん: 昨夜(準夜で)胸痛発作のため緊急入院した52歳の方です。外来も中断ぎみでしたが、ニトロダームを貼っていました。昨夜、血圧高めで夜間安静にしていても胸痛があり、受診し入院に至った方です。
      入院後は、深夜4時頃に胸痛発作が起こりましたが、ニトロペン舌下で収まりました。当直だった循環器の医師が、本日緊急の心カテーテル検査をすることを判断しました。現在、ECGモニターでSTやや上昇している状態です。
      Cさん: 72歳。左不全麻痺でポータブルトイレへ移動する時に軽度の介助が必要な方です。また、会話は普通にでき、ポータブルトイレに座らせても、安定して座っていられる程度の障害です。最近、カンファレンスをして1週間後に退院が決まりました。そんな中、遠慮がちなCさんは、昨日トイレ介助が間に合わず、リハパンツを汚してしまい気にしています。
      ベッドの配置: ベッドの配置図

      思い通りの看護ケアが実践できたでしょうか?このような演習での学びを段階的に実践していきましょう。
  • クリニカルラダー研修会
    • (1)各レベルの研修会
      • レベルⅠ
          看護理念、フィジカルアセスメント、多重シュミレーション、リフレッシュ研修
      • レベルⅡ
          看護診断(NNN)、看護研究、リーダーシップ、後輩指導
          ナラティブで看護観を深める(成果発表あり)
      • レベルⅢ
          自己課題達成のための自己研鑽
          ナラティブで看護観を深める(成果発表あり)
      • レベルⅣ
          コーチング:面接技法を学ぶ
          ナラティブで看護観を深める(成果発表あり)
      • プリセプター研修
          リーダーシップ、後輩指導、コーチング:面接技法を学ぶ
    • (2)クリニカルラダー外研修会
      • 講演会
      • 院内看護研究発表会
      • 中途採用者研修会
      • 出張報告会
      • プリセプター研修会
院外研修

日本看護学会およびその他の学会出張、日本看護協会・愛知県看護協会およびその他の教育研修や研究会・講習会などに参加予定。(希望者多数の場合は院内選考あり)
認定の取得など長期間にわたる研修は受講費が貸与されます。

学会発表

学会発表の宿泊費・交通費は全額支給されます。
看護師による学会発表8件(日本看護学会、栃木県看護学術集会、農村医学会他)

院内研修

ME主催の機器の取扱についての研修会、メンタルヘルス研修会、NST勉強会、摂食・嚥下勉強会、
院内院内BLS講習会等が例年開催されています。

Copyright © 2017 SANOKOUSEI GENERAL HOSPITAL ALL RIGHT RESERVED. 佐野厚生総合病院