看護師の日程表

新人看護師さんの一日と一年

西3階 五百部 祐美

 看護師として働き始めて1年が経ちました。入職し始めの頃は戸惑いや不安の毎日で日々の業務をこなす事に精一杯でしたが、プリセプターや先輩方に指導を受けながら少しずつ優先順位を考えた行動をとれるようになってきたと思います。時には思い通りに業務をこなすことができず、先輩方に迷惑をかけ悩んだり、落ち込んだりする時もありますが、その時はどうしてそうなってしまったのかを考え、次は同じ間違えをしないように振り返りをするようにしています。
 産科・婦人科病棟は特殊な病棟であり、母親と新生児の2つの命を守らなければいけないため責任感が問われます。特に新生児は私達が異常に気付かなくてはなにも教えてくれないので観察能力の難しさを日々実感しています。しかし、退院していく母親と赤ちゃんの姿をみるとやりがいも感じることができる病棟です。
 看護師はやはり知識と技術が必要になるため、学ぶ姿勢を常に忘れず、日々成長できるよう努力していきたいと思います。

看護師イラスト1 knn3

西3階 秋元 優香

 佐野厚生病院産婦人科に入職して1年が経ちました。この1年は忙しく過ぎていったように思います。プリセプターや諸先輩方に指導していただき、毎日が勉強の日々でした。初めて経験することばかりで戸惑うこともありましたが、先輩方のフォローもあり出来ることが増えていきとても充実した1年でした。まだまだ、至らない部分はたくさんあるので学ぶ姿勢を忘れず、感謝の気持ちを常に持ち日々の業務に励みたいです。
 産婦人科病棟でしか経験できないことも多く、出産に携わるときはとても緊張しますが感動も大きいです。元気に泣いている赤ちゃんの姿を見ると私もがんばろうと思えます。これからも笑顔で患者さんと接することを心がけ、先輩方のような活き活きとした看護師になれるように努力します。

看護師イラスト1 knn32

西4階 高瀬 亜貴子

 入職して1年が経ち、振り返ればあっという間で、とても充実した日々を過ごすことが出来ました。プリセプターを始め、諸先輩方にご指導を頂きながら少しずつですが成長することが出来たと思います。時には優先順位を考えず行動してしまい、患者さんや先輩方に迷惑を掛けてしまうこともあります。また、自分の未熟さ・知識不足に直面し落ち込むこともありますが、入職当時に比べ1人で出来ることも多くなったと思います。
西4階病棟は呼吸器疾患・内分泌疾患の患者さんが多く、とても多忙な病棟です。しかし、忙しい中でも患者さんと接し、患者さんの想いを傾聴し、患者さんに「ありがとう」と言われると看護師になって良かったと改めて実感しています。
二年目を迎え、今まで以上に看護師として成長しなければなりません。一度起こしてしまった失敗は二度と繰り返さないよう肝に銘じ、来年は更に成長した看護師になれるように頑張りたいと思います。また一日でも早く一人前の看護師になれるように少しでも先輩方に近づけるように、頑張っていきたいです。

看護師イラスト1 knn4

西5階 黒崎 恵理子

緊張しながら入職して今まで時間があっという間に過ぎた気がします。初めのうちは、日々の業務をこなす事に精一杯で周りがよく見えておらず、先輩方に指導をいただくことがありました。また自分は、何でこんなにできないのだろうと思うこともあり看護の業務に対し悩むことがあり辛くなることがありましたが、同期の励ましや先輩のアドバイスがあり、ここまで頑張って来られたのだと思います。
 まだまだ、知識も技術も未熟なところはありますが、これまで学んだことを活かして去年よりも成長できるようにこれからも努力していきたいです。

看護師イラスト1 knn5

東6階 飯塚 亜珠沙

 佐野厚生病院の看護師として働き始めて早1年。東6階は混合病棟であり急性期の患者さんが多く展開も早く、目まぐるしい毎日の中で業務を行なっています。手術や治療を終え笑顔で退院される患者さんを見られることが私にとっての励みです。また患者さんの死に関わることがあり、特に初めて関わったときは言葉を失うほど衝撃を受けたのを覚えています。何度経験しても慣れることなどなく、人生最期の瞬間に関わらせていただけるのは医療職者だけであり、その一員である看護師という職業をとても誇りに思っています。看護職は辛いことも大変だと思うこともたくさんありますが、1年間これらを糧に頑張ることができました。2年目になった今でも日々勉強が必要です。先輩から注意されることもたくさんあります。しかしすべては患者さん、そして自分のためです。これから先何年経っても初心を忘れず、気を引き締めて業務に臨みたいと思います。

看護師イラスト1 knn6 新人さんの一日

7:00 起床
7:45 出勤
8:30 申し送り
9:00 環境整備
10:00 清潔ケア・処置
11:30 交代で食事
13:30 カンファレンス
14:00 看護ケア・看護計画
16:00 チームリーダー報告
16:30 申し送り
17:00 技術練習
18:00 帰宅
新人看護師さんの一年間
4月 オリエンテーション
クリニカルラダー(レベル1研修)
7月 新入職歓迎会
8月 納涼祭
10月 病院旅行
12月 忘年会

先輩の声

西3階病棟 須永 有喜

産婦人科病棟は、生命の誕生の場面に立ち会え感動することも多いですが、無事に赤ちゃんが出てくるまでの緊張は正直何ともいえません。辛くなるときもありますが、赤ちゃんと接することで私達も元気をもらって頑張っています。

看護師 子育て

母親看護師の声

東6階Ns斉川由紀

結婚しても看護師を続けていきたいと思っていたので、自宅から近くである当院に結婚を契機に再就職しました。現在は5歳と2歳の育児をしながら常勤で病棟勤務をしています。子供の急病などで勤務交代をお願いする事もありますが、病棟スタッフの協力に感謝しつつワーク・ライフ・バランスを上手にとって誰からも信頼されるナースを目指して日々頑張っています。

母親看護師

父親看護師の声

こんにちは、私は日々ヤンチャ度が増している2歳の娘を持つ看護師で、妻も同病院の看護師をしています。毎日、日々の業務・ヤンチャ娘の育児に追われる生活を送っています。

夫婦共に看護師の為、勤務時間が不規則なので日々、家族揃って食事や団欒をするといった事は少なく、2人で過ごす事が多くなってしまいます。しかし、勤務時間や休日が違うことで、空いている時間を有効に使い、分担して家事を行うことができるという大きなメリットもあります。そして、3人で過ごせる休日のほとんどは家族で外出、もっぱら娘の遊び相手をしています。

仕事・家事・育児は夫婦の協力、職場の協力があって上手くいくと思うので、今後も互いに助け合いながら1つも、疎かにすることなく頑張っていきたいと思います。

父親看護師 父親看護師イラスト

Copyright © 2017 SANOKOUSEI GENERAL HOSPITAL ALL RIGHT RESERVED. 佐野厚生総合病院