眼科 [目の病気]

ドライアイ

涙の質や分泌量に異常をきたし角膜に障害をきたす病気です。

症状

眼の乾燥感、異物感、まぶしい、眼ヤニ

ドライアイ症状
治療
 

不足する涙を補うことが重要ですので、点眼や涙点プラグ(涙の排水を人工的に抑える方法)などを行います。

翼状片

結膜(白目)が角膜を覆うように広がる病気です。

翼状片
治療
 

角膜への侵入が大きくなると乱視が強くなったり、瞳孔(黒目)に到達するようになると視力の著しい低下をきたします。そのため手術で切除します。

白内障

水晶体の透明性が障害され混濁した病気です。一般には加齢が原因ですが、糖尿病などでも生じます。

症状

視力低下、かすむ、まぶしいなど。

白内障症状
治療

手術で白内障を取り除き、人工のレンズに置き換えます。

糖尿病網膜症

糖尿病のために血管に障害が生じ、血液の流れが悪くなる病気です。

糖尿病網膜症症状

治療

症状の軽い場合は血糖のコントロールで十分ですが、血管障害が進行し虚血状態が悪化する場合は網膜光凝固術(レーザー治療)、硝子体出血や増殖膜が起こるような場合は硝子体手術を行います。

網膜光凝固術(レーザー治療)や硝子体手術が必要な状態になったときには視力の低下が著しく、治療後も視力の回復は難しいことが多いです。

網膜剥離

網膜に裂け目が生じ、徐々に網膜が剥がれていく状態です。網膜に光を受けて物を見ているため、剥がれたところは見えなくなります。

網膜剥離症状
治療

手術を行い、網膜の裂け目を閉鎖し網膜を元の位置に戻します。

加齢性黄斑変性症

加齢に伴って黄斑部(最も視力に影響する場所)に異常をきたす状態です。

症状

視力低下、物がゆがんで見える、視野の中央が見にくい。

加齢性黄斑変性症 発生と進捗① 加齢性黄斑変性症 発生と進捗②
治療

新生血管が生えてくるようになると視力の低下が強くなるので、レーザー治療や眼の中に新生血管を抑制する薬を注射したりします。

緑内障

眼の中の圧力(眼圧)で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気です。

症状

視神経の障害はゆっくりとおこり、視野(見える範囲)も少しずつ狭くなっていくため、知らないうちに病気が進行していることが多くあります。

緑内障症状
治療

眼の中の圧力(眼圧)を下げる治療を行います。まずは点眼で治療を行います。点眼で眼圧が十分に下がらないときや、視野障害の進行が認められる場合、眼圧を下げる手術を行います。

Copyright © 2017 SANOKOUSEI GENERAL HOSPITAL ALL RIGHT RESERVED. 佐野厚生総合病院