病院長あいさつ

院長挨拶 患者様へ

ms dir pic
佐野厚生農業協同組合連合会
佐野厚生総合病院
(むらかみ まろひと)
院長 村上 円人

就任のご挨拶を申し上げます

平成29年6月1日より病院長を拝命いたしました。前任の奥澤星二郎先生は慶應義塾大学医学部の大先輩であります。前任地ですが、東京都の日野市立病院で22年間勤務し、副院長として腎臓内分泌代謝内科を専門としてまいりました。そして、慶應義塾大学医学部の客員准教授(医学教育統轄センター)、非常勤講師(腎臓内分泌代謝内科)として、「医師およびスタッフの臨床教育および臨床研究」にも幅広く携わってまいりました。

 佐野厚生総合病院は、昭和12年に地域の中核病院として開院した歴史と伝統のある病院です。これまで多くの先輩職員が地域の皆様と共に築き培ってきた病院への信頼と期待を実感し、責任の重さを痛感しております。

 佐野厚生総合病院は、両毛地区に根差した「ケアミックス型の基幹病院」として成長を続けております。平成15年には新棟に全面移転し、より快適な環境で高水準の医療から、回復期・リハビリテーションにいたるまで、包括的に地域医療に貢献しております。

 平成18年には長年の実績から「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受け、消化器系、呼吸器系、乳腺のがんを中心とした高度医療の提供をしております。また平成28年には「地域医療支援病院」の指定も受けまして、救急医療および病診連携に貢献しております。さらに平成28年には「脊椎センター」も立ち上がりました。

 現在は「内視鏡センター」の立ち上げの準備中です。そして、今後は私の専門領域である腎臓・内分泌・糖尿病の診療も充実させていきます。

 「超高齢社会」を向かえて、病院を受診される患者さんやご家族の医療ニーズは多様化し、さらに今後も変化していきます。患者さんや院内の職員の声に耳を傾けるとともに、地域の行政機関や医療機関と密に連携を保ちながら、地域に信頼される病院として成長を続けられるように、病院スタッフ全員が一丸となって努力してまいります。

 今後とも、皆さまの変わらぬご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

Copyright © 2017 SANOKOUSEI GENERAL HOSPITAL ALL RIGHT RESERVED. 佐野厚生総合病院