麻酔科・ペインクリニック

外来担当医表

 
予約外
予約
午前 渡辺 小林     小林・渡辺
予約午後     小林      

医師紹介

氏名出身大学
卒年
役職認定医・専門医専門領域
小林 俊哉 獨協医大
昭和58年
副院長 麻酔標榜医
日本麻酔科学会専門医・指導医
日本ペインクリニック学会専門医
 
渡辺 正嗣 獨協医大
平成14年
部長 麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医
日本ペインクリニック学会専門医
 
沼田 祐貴 獨協医大
平成21年
非常勤 麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医
 
五月女 俊也 獨協医大
平成22年
非常勤 麻酔科標榜医
日本麻酔科学会認定医
 
小沢 継史 獨協医大
平成23年
非常勤 麻酔標榜医
日本麻酔科学会認定医
 
根本 興平 獨協医大
平成20年
非常勤 麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医
日本ペインクリニック学会専門医
 
長嶋 祥子 獨協医大
平成22年
非常勤 麻酔科標榜医
日本麻酔科学会認定医
 

診療科紹介

麻酔科:

手術室における各科手術の麻酔全般を担当しています。麻酔は痛みや意識をとるだけではなく手術中の呼吸や循環動態を適切に保つ役割を担います。安全な手術を遂行するために術前からの全身状態のコントロール、術後の痛みを軽減するための硬膜外カテーテル挿入や超音波ガイド下末梢神経ブロックなども担当します。

ペインクリニック:

外来における対象疾患は椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、帯状疱疹後神経痛、五十肩、三叉神経痛、偏頭痛、術後痛、癌性痛など痛み全般です。そのほかに眼瞼痙攣、顔面痙攣、顔面神経麻痺、突発性難聴、花粉症などの治療もおこなっています。治療内容は硬膜外ブロック、星状神経節ブロックのほか超音波ガイド下の末梢神経ブロックなど各神経ブロックと、ボトックス注射、トリガーポイント注射、イオントフォレーシス、理学療法、漢方療法、カウンセリングなどです。
県内一般病院第一号の日本ペインクリニック学会認定施設として、地方会・研究会を主催し地域のペインクリニック普及につとめています。

基本方針

麻酔科:

WHOの「安全な手術ガイドラインにおける安全な麻酔」を基本に手術室における患者安全のための環境に最大限の努力を実施しています。

ペインクリニック:

患者さんの訴える「痛み」を理解し、受け入れることを治療の第一歩とします。地域開業医や院内各診療科と密接な関係を構築し、神経ブロックを中心とした総合的な痛み治療を実践しています。総合病院の特色を生かし各科専門医の協力のもと全人的治療を目指しています。

診療実績

麻酔科:

基本的に局所麻酔を除くほとんどの麻酔を麻酔科管理下で行っております。年間2000例以上の全身麻酔を行い24時間緊急手術に対応できる体制をとっています。

 

ペインクリニック:

外来患者数は1日10から40人、年間延べ約4000人。 県内で数少ない日本ペインクリニック学会認定施設として県内全域はもとより都内や近県からの紹介、来院も少なくありません。

患者さんへ

麻酔科:

もし手術をするならば意識があると怖いから全身麻酔にしたいと思っている方は多いかもしれません。しかし、全身麻酔は基本的に気管挿管を行い、吸入麻酔薬や静脈麻酔薬、鎮痛麻薬や筋弛緩薬など特殊な薬を多種類使用しなくてはなりません。安易な理由で全身麻酔を選択するべきではありません。一番重要なのは安全性です。なぜその麻酔方法を選択したのかを理解していただき納得していただくことはとても重要なことです。本院は経験豊富な麻酔指導医や専門医とともに麻酔科専従医が麻酔を担当しますので疑問点は遠慮なく質問しください。安全な麻酔、手術のためにご理解とご協力をお願いいたします。

ペインクリニック:

「ペインクリニック」?聞きなれない言葉かもしれません。日本語だと「痛みの治療外来」でしょうか。それでもピンときませんね。あらゆる痛みを対象とし、それを取り除くことを目的とした外来のことです。
誰もが「痛み」を経験したことがあると思います。その「痛み」の原因はつきとめられる場合もあれば、そうでない場合もあります。もし、あなたの「痛み」の原因が分からなかった時、「特に異常は見つかりませんでした。様子を見ましょう。」と言われてしまうかもしれません。原因が分かったとしても治療する必要がなかったり、治療できない病気かもしれません。確かに「痛み」は存在するのに・・・。
現在は痛みを抑える薬の種類も増え効果が期待できる可能性も増えています。また、超音波ガイド下に安全な末梢神経ブロックを行うことも可能となっています。悩んだり、諦めたりしている患者さんは一度「ペインクリニック」にいらしてください。
我々は痛み治療のプロです。あなたの痛みに最適の治療法を見つけ出すことが可能かもしれません。

Copyright © 2017 SANOKOUSEI GENERAL HOSPITAL ALL RIGHT RESERVED. 佐野厚生総合病院