放射線治療科

外来担当医表

 
予約午前            
午後   白井 克幸   大野 達也 尾池 貴洋  

(2018/11/01 更新)

医師紹介

氏名役職認定医・専門医専門領域
大野 達也 非常勤 放射線治療専門医、
がん治療認定医、
日本医学放射線学会研修指導者
第1種放射線取扱主任者
治療全般
白井 克幸 非常勤 放射線治療専門医、
がん治療認定医、
日本医学放射線学会研修指導者
治療全般
尾池 貴洋 非常勤 放射線治療専門医 治療全般
若月 優 非常勤 放射線治療専門医、
がん治療認定医、
日本医学放射線学会研修指導者
治療全般
赤羽 佳子 非常勤 放射線治療専門医
がん治療認定医、
日本医学放射線学会研修指導者
治療全般

(2020/03/17 更新)

診療科紹介

がん治療には主に外科手術、化学療法、放射線治療の三つの柱があります。一つの方法で万能ということはなく、疾患に最適な方法を選択する必要があります。がんの種類は進行度によって選択すべき治療法は異なりますが、放射線治療は“切らずに治す”治療法です。臓器を取らないので、形態や機能を保つことができるのが大きな特長です。たとえば、喉頭癌(声帯の癌)の場合、声を失わないで癌を治すことができます。
当科の放射線治療はIGRT(画像誘導放射線治療)搭載の高エネルギー放射線発生装置(エレクタ社製Synergy)を使用し、身体の外から放射線を照射する外部照射を行っております。放射線治療の最近の進歩は著しく、がんを完全に治すことを目的とする治療から、症状を和らげるための治療まで、幅広い役割を担っています。

基本方針

放射線治療の最大の利点は機能温存が可能な点であり、病気を治すとともにQOLを保つことにあります。放射線治療技術は今なお発展を続けており、患者さんが必要とする治療の提供を継続していきます。

診療実績

2016年 診療実績(日本胸部外科学会学術調査 報告資料に基づいています)

縦隔

H29年 放射線治療実績
肺がん 28 十二指腸・小腸がん 0
胃がん 1 腎がん 0
大腸がん 10 膀胱がん 4
肝がん 4 副腎腫瘍 0
乳がん 37 前立腺がん 7
脳腫瘍 5 精巣がん 0
脊髄腫瘍 0 その他男性生殖器がん 0
眼・眼窩腫瘍 0 子宮がん 1
 頭頚部がん 2 卵巣がん 0
甲状腺がん 0 その他女性生殖器がん 0
食道がん 6 皮膚腫瘍 5
縦隔腫瘍 1 悪性骨軟部腫瘍 0
中皮種 0 血液腫瘍 4
膵臓がん 1 原発不明がん 1
胆道がん 1 GIST 0
計  118 

患者さんへ

放射線治療医、看護師、診療放射線技師スタッフ一丸となって、治療を受ける患者様・ご家族様が安心・安全・効果的に治療を受けながら、日常生活を続けられるよう身体・精神的なケア・社会生活など様々なサポートをさせていただきます。

Copyright © 2020 SANO KOSEI GENERAL HOSPITAL ALL RIGHT RESERVED. 佐野厚生総合病院