消化器内科

外来担当医表

 
予約午前 寺元 大庫
東澤
関根
岡村 大庫
上原
岡村
東澤
上原(第1週)
上岡
午後  上岡 上原 岡村 寺元

岡村
東澤
 

医師紹介

氏名出身大学
卒年
役職認定医・専門医専門領域
岡村 幸重 順天堂大学
平成4年
副院長
消化器内科主任部長
内視鏡室長
診療技術部長
研修センター長
慶應義塾大学医学部消化器内科客員講師
日本内科学会認定内科医、指導医
日本内科学会総合内科専門医 
日本消化器内視鏡学会専門医
日本ヘリコバクター学会専門医
日本肝臓病学会専門医
日本消化器病学会専門医
 
東澤 俊彦 自治医科大学 部長 日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本肝臓病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
 
寺元 研 弘前大学
平成8年
部長    
上原 淳 慶應義塾大学
平成19年
副部長 日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
ACLSプロバイダー
日本消化器病学会専門医
日本内科学会指導医
 
関根 忠一 新潟大学医学部
昭和56年
健康管理センター長 日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医
日本ドック学会認定医
日本緩和医療学会指導医
日本肝臓学会認定肝臓専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
 
上岡 直史 東京医科歯科大学
平成23年
医員 日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
 

診療科紹介

消化器内科では上部消化管(食道・胃・十二指腸)、下部消化管(大腸)、そして肝・胆・膵と多岐に渡る疾患を扱います。慶應義塾大学医学部の消化器内科より派遣された経験豊富な常勤医が中心となって幅広い疾患に対応できる様、診療に当たっています。県内には、自治医科大学や獨協医科大学といった大学病院がありますが、大学病院と同等の医療レベルを維持すべく、岡村部長を中心に充実したチーム医療を行っております。

基本方針

当科では、チーム医療により患者本位の医療を行なうことを基本方針とし、消化管から肝・胆・膵まで、消化器内科領域のあらゆる疾患に対応しています。特に急性期病院の性格上、救急疾患の比率も高く、外科や放射線科などとの連携のもと、常に最善の医療を提供できる体制を心がけています。あくまでも医療の中心は患者さんにあることを理解し、日々の診療にあたることをお約束します。

診療実績

2010年度年間総数:上部内視件数約4000例、下部内視鏡数約2000例、上部・下部消化管疾患の治療内視鏡は約200件と県内の基幹病院としては、トップクラスの件数を誇っています。胃瘻造設・交換に関しても年間約100件以上と積極的に施行し、年に一度胃瘻のセミナーも開催し内視鏡指導施設としての責務を果たしております。
また、癌拠点病院としての当院の性格上、終末期医療に対する緩和医療にも積極的にかかわっております。
栃木県肝臓友の会と連携し年に一度、慢性肝炎の生活指導と最新の治療を中心とした講演会を当院で主催しています。
 学会活動も活発であり、日本消化器病学会総会・日本肝臓病学会・日本内視鏡学会等で多数の学会発表をしております。

平成26年度 各種内視鏡実績一覧
 4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月合計
上部消化管予約内視鏡 213 225 255 263 249 243 305 249 242 211 237 235 2927
ドック内視鏡 76 90 115 124 79 107 104 105 100 95 96 117 1208
当日消化管 6 5 0 7 10 8 10 6 7 9 6 5 79
夜間緊急内視鏡 4 6 3 4 2 5 3 1 6 3 1 2 40
内視鏡的止血術 1 1 3 1 1 1 4 1 2 5 1 0 21
ポリペクトミー・EMR 3 0 1 2 0 3 4 3 2 2 3 2 25
胃ろう増設
0 1 2 6 3 4 2 1 2 1 9 5 36
胃ろう交換 1 0 0 0 0 1 0 2 1 0 0 4 9
EVL 2 1 1 3 4 1 4 6 9 4 2 4 41
APC 2 2 7 8 4 3 5 3 3 6 4 0 47
ESD 0 4 3 3 1 2 0 1 1 2 0 1 18
その他 6 3 5 7 10 5 12 4 7 13 8 9 89
上部消化管
合計
314 338 395 428 363 383 453 382 382 351 367 384 4540
下部消化管予約内視鏡 87 79 92 86 86 87 86 78 86 73 70 84 994
ドック・シグモイド 20 29 39 31 31 33 29 28 33 28 29 33 363
ポリペクトミー 11 10 8 10 14 8 6 10 9 8 9 6 109
EMR 26 24 24 44 35 38 36 27 41 40 42 50 427
ESD 0 1 1 2 1 1 0 0 1 1 1 1 10
ACP 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
点墨・薬剤散布 0 0 1 1 1 1 0 0 0 2 1 0 7
その他 4 8 8 7 7 8 10 5 1 4 7 11 80
下部消化管
合計
148 151 173 181 175 176 167 148 171 156 159 185 1990
E
R
C
P
ERCP・ENBD 6 15 13 5 3 9 7 3 7 8 6 4 86
EBS・砕石・EST 9 5 6 8 2 9 5 1 5 4 3 10 67
ステント 4 7 5 10 4 0 6 9 5 6 6 4 66
ERCP 合計 19 27 24 23 9 18 18 13 17 18 15 18 219
EBUSITBNA 1 1 1 2 4 0 0 1 3 2 2 2 19
気管支内視鏡 16 18 15 7 9 19 20 13 15 16 10 15 173
全内視鏡 総計 498 535 608 641 560 596 658 557 588 543 553 604 6941

患者さんへ

当科では下記に示した治療を行っております。

  • 上部・下部消化管の早期癌に対する内視鏡的根治療法
  • 消化管出血に対する緊急止血術 食道静脈瘤に対する静脈瘤結紮術
  • 肝・胆・膵疾患に対する内視鏡的治療

*当院での治療内視鏡の件数は、大学病院の医師数を考えれば医師1人あたりの症例数は当院が圧倒しております。

  • カプセル内視鏡、小腸内視鏡を駆使した小腸疾患の診断・治療

*大学病院と同等の医療を受けることができます。

  • 肝癌に対する肝動脈塞栓術(放射線科との協力)およびラジオ波治療
  • ピロリ菌陽性胃十二指腸潰瘍に対するピロリ菌除菌治療
  • 炎症性腸疾患の診断と治療
  • B型・C型慢性肝炎に対するインターフェロン治療

*特に、C型肝炎に対するインターフェロン治療の件数は、県内はもとより全国的にも上位に位置しています。

ラジオ波焼灼療法とは

肝臓癌(肝細胞癌)の治療は、おおまかに局所治療、カテーテル治療の2通りがあります。ラジオ波焼灼治療はこのうち局所治療に相当し、小さいサイズで肝臓癌を発見することができた場合、少ない身体の負担で手術に匹敵する治療効果を得られるため、近年広く行われています。特にC型肝炎などのウイルス性肝疾患では肝臓癌が繰り返し発生することもあり、患者年齢も高齢化しつつあるため、有効な治療法といえます。
 実際の方法は、超音波で病変を確認し、局所麻酔後に直径1.5mmの電極針を病変内に挿入し、ラジオ波といわれる高周波で加熱して壊死させます。当科では主にBoston scientific社の展開型の電極針を使用しております。治療時間はおおむね1時間程度で、治療後当日は床上安静が必要です。後日CTなどで治療効果を確認します。

この治療の適応となるのは、肝臓の予備力が保たれており、病変のサイズが小さく個数が少ない場合です(おおむね3cm、3個以下)。腹水がある場合、他臓器に近い場合、脈管に近く穿刺困難な場合は適応外となります。また、穿刺時の息こらえができない場合や胆道系の手術歴のある方もリスクが大きいため適応となりません。抗血小板薬やワーファリンを服用されている方は、治療前に薬を中断する必要があります。主な偶発症には出血、肝膿瘍、消化管穿孔が挙げられ、一般的な頻度は約3-5%です。

ラジオ波焼灼療法

当院における消化器医療におきましては、常に県内でもトップレベルを保持すべく消化器グループとして患者さんのために日々診療を行っております。

Copyright © 2017 SANOKOUSEI GENERAL HOSPITAL ALL RIGHT RESERVED. 佐野厚生総合病院