腎臓内分泌代謝内科

腎臓内科

外来担当医表

 
予約午前 村上
内藤
   村上 小林 福島  
午後     福島
本間 (第1・3)
     

医師紹介

氏名出身大学
卒年
役職認定医・専門医専門領域
村上 円人 慶應義塾大学
昭和59年
院長

透析センター長
MEセンター長

慶應義塾大学
腎臓内分泌代謝内科非常勤講師・
医学部教育統轄センター客員准教授
日本内科学会総合内科専門医・指導医
腎臓学会専門医・指導医
透析学会専門医・指導医
日本高血圧学会指導医
日本医師会認定産業医
 
福島 栄 自治医科大学
平成3年
部長 日本腎臓学会専門医
日本透析医学会透析専門医
日本内科学会認定内科医
日本救急医学会救急科専門医
診療情報管理士
ケアマネージャー
臨床研修医指導者講習会受講
日本救急医学会ICLSインストラクター
日本内科学会JMECCインストラクター
 
内藤真礼生 慶應義塾大学
昭和60年
非常勤 日本腎臓学会専門医・指導医
日本透析医学会透析専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
 
本間康一郎 東海大学
平成12年
非常勤 日本腎臓学会専門医
日本透析医学会透析専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会指導医
日本高血圧学会専門医・指導医
日本抗加齢医学会専門医
 
小林高久 山形大学
平成12年
非常勤 日本腎臓学会専門医
日本透析医学会透析専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
 

 

診療科紹介

当院の腎臓内科では、腎臓機能障害の原因となる疾病の診断・治療(一部を除く)、腎臓機能低下の進行を抑制する治療(保存期腎不全治療)、急性期血液浄化療法(透析治療,特殊血液浄化療法)を提供しています。

 職場の検診や学校検診などの各種検診で尿蛋白や尿潜血のためかかりつけ医を受診され,専門的診断や治療が必要であると診断された場合に、当院の病診連携システム(専門外来紹介システム)を利用していただくと、待ち時間が少なく、スムーズに腎臓専門医師の診察を受けることが出来るようになっています。また、腎臓病診断の後は、かかりつけ医と協力をして腎機能障害進行抑制を目指した治療(生活習慣改善,薬物療法)を行うことになります。原則として腎臓専門医とかかりつけ医との両方に通院が必要となりますのでご承知下さい。

 腎機能低下が進行して、腎不全治療が必要となった場合には、透析療法、移植療法の説明を十分に行ない、患者様側の意向を十分汲みとって治療方法を選択できるようにしています。透析療法としての「腹膜透析」や腎移植としての「生体腎移植」を希望される場合には、県内外の大学病院などの治療可能な医療機関に紹介となります。

 血液透析療法を選択された場合には、バスキュラーアクセスと呼ばれる体内の血液を取り出したり、戻したりする出入り口(透析シャントなど)の作成を行って、透析開始時期を見計らい、適切な時期に透析治療を開始するようにしています。透析開始後は、近隣の医療機関に移って治療が継続できるように各医療機関と連携をとり、患者側に負担なく、通常の日常生活に戻れるように調整しています。

 他の医療機関で血液透析治療を受けている方で、各種傷病のため専門的医療が必要となった場合には、当院にて血液透析治療を受けながら治療が受けられるような体制も整えています。現在通院されている透析医療機関からの依頼を当院の紹介窓口(地域医療連携室)に事前に届けていただくと、スムーズに治療が受けられますので当院に入院予定となった透析治療を受けている方は、かかりつけ透析医療機関の担当者に当院に入院する旨をお伝え下さい。

 その他、他疾患で血液浄化療法が必要となった場合には、以下の特殊血液浄化療法にも対応しています。
・顆粒球吸着療法,白血球吸着療法(潰瘍性大腸炎)
・血漿交換療法(肝不全,その他の特殊病態)
LDL吸着療法(閉塞性動脈硬化症)
・エンドトキシン吸着療法(敗血症)
・腹水ろ過濃縮再静注療法(難治性腹水症)
・持続緩徐式血液ろ過療法(急性膵炎,術後肝不全)

基本方針

  1. 患者様目線での医療供給
  2. 正確で適切な医療供給
  3. 安全で安定した血液透析治療
  4. 特殊透析治療への迅速な対応
  5. 各科専門医師との密接な連携

診療実績

1)特殊血液浄化療法
 CHDF血漿交換白血球吸着LDL吸着PMXCART
H27 1 0 19 0 0 2
H26 14 0 5 8 2 2
H25 24 22 0 22 5 2
H24 8 11 9 0 2 1
H23 4 11 14 0 0 3
2)新規血液透析導入患者数
 新規導入患者数
H27 21
H26 28
H25 26
H24 24
H23 22
3)経皮的腎生検数
 新規導入患者数
H27 13
H26 10
H25 16
H24 18
H23 11

患者さんへ

急性期医療機関としての多数の患者様の診療責務を果たすために,急性期治療を終わられた方の早期退院(転院を含む)のご協力をお願いしています。そのため,入院から退院までが円滑に進むように退院調整担当職員(社会福祉士など)との面接をお願いすることがあります。また,同時に治療を行える患者様の数には上限があります。緊急の場合でも受入制限を行う場合があることをご了解下さい。
 尚,他院で透析治療を開始された方の当院での維持透析の受け入れは現在行っていません。

内分泌代謝内科

外来担当医表

 
予約午前  村上 丸山 村上
中谷
丸山
櫻井
   
午後 丸山   高田 櫻井    

医師紹介

氏名出身大学
卒年
役職認定医・専門医専門領域
丸山 博 慶應義塾大学
昭和43年
名誉院長 日本内科学会認定内科医
日本糖尿病学会糖尿病専門医・指導医
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医・指導医
糖尿病・
内分泌
村上 円人 慶應義塾大学
昭和59年
院長

透析センター長
MEセンター長

慶應義塾大学
腎臓内分泌代謝内科非常勤講師・
医学部教育統轄センター客員准教授
日本内科学会総合内科専門医・指導医
腎臓学会専門医・指導医
透析学会専門医・指導医
日本高血圧学会指導医
日本医師会認定産業医
 
高田 良久 富山医薬大学
昭和57年
非常勤 日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本糖尿病学会糖尿病専門医
日本医師会認定産業医
糖尿病・
内分泌
中谷 祐己 獨協医大学
平成16年
非常勤 日本内科学会認定内科医・指導医
日本糖尿病学会糖尿病専門医
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医・指導医・評議員
日本甲状腺学会甲状腺専門医
日本内科学会認定総合内科専門医
糖尿病・
内分泌
 櫻井慎太郎 独協医大学
平成20年
非常勤 日本内科学会認定医  

診療科紹介

糖尿病を中心に、脂質異常症、高尿酸血症・痛風などの代謝疾患、下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、性腺などの内分泌疾患の診断、治療を行っています。

糖尿病外来患者数は約2000人で、糖尿病教育入院患者数は年間約50人です。糖尿病教育入院では、糖尿病教育、ビデオ学習、インスリン自己注射指導、自己血糖測定指導などを行い、合併症のチェックをしています。網膜症、腎症、心筋梗塞、壊疽などの合併症に対しては、必要に応じて他科とも連携して対応しています。 また、外科系の科に手術目的に入院した糖尿病患者さんの周術期の血糖管理も行っています。

内分泌疾患は甲状腺疾患が中心で、その他、下垂体、副甲状腺、副腎、性腺などの疾患にも対応しています。
 平成18年から日本糖尿病学会認定教育施設、平成22年から日本内分泌学会認定教育施設に認定されています

基本方針

健診で異常を指摘され、受診された患者さん、開業医の先生や当院の他科に通院中で血糖コントロールが不良あるいは内分泌疾患が疑われ紹介された患者さんなど、様々な理由で当科を受診されます。内分泌・代謝疾患全般に、診断、治療を行っており、必要に応じて教育入院や検査入院を受けていただいております。

診療実績

糖尿病外来患者数は約2000人で、糖尿病教育入院患者数は年間約50人です。甲状腺疾患以外の内分泌疾患の患者さんの数は少ないものの、あらゆる疾患に対応しています。

患者さんへ

糖尿病の患者数は年々増加しています。外科系疾患で救急受診し、手術が必要になる方の中には未治療の糖尿病の方が多くいます。血糖コントロールが不良のまま手術を行うと、敗血症などの様々な合併症を引き起こしやすくなるため、血糖コントロールがつくまで手術ができないこともあります。健診で異常を指摘されている方は放置せず、受診をお勧めします。
 また、通院しているにも関わらず血糖コントロールが不良な方は一度教育入院を受けることをお勧めします。長年血糖コントロールが不良だった方が、教育入院後、劇的に血糖が改善することがあります。普段、開業医の先生に通院している方でも教育入院は可能です。希望される方は、主治医の先生に紹介状を書いていただいたうえで受診下さるようお願いいたします。

Copyright © 2017 SANOKOUSEI GENERAL HOSPITAL ALL RIGHT RESERVED. 佐野厚生総合病院