耳鼻咽喉科[2.鼻の病気]

疾患一覧

鼻中隔弯曲症

顔面骨、頭蓋骨の発育過程に生じる不調和のために起こるとされています。鼻中隔の弯曲は大人では約80~90%にみられますが、症状がない場合は疾患ではありません。鼻閉症状やいびき、睡眠時無呼吸などの症状を総合的に判定して、外科的治療が必要な場合には鼻中隔矯正術を行います。

顔を正面からみたCT
顔を正面からみたCT(左慢性副鼻腔炎および軽度の鼻中隔弯曲症)

急性副鼻腔炎・慢性副鼻腔炎
膿性鼻漏(のうせいびろう) 鼻茸(はなたけ)
膿性鼻漏(のうせいびろう)鼻茸(はなたけ)

副鼻腔炎は、上顎洞(じょうがくどう)、篩骨洞(しこつどう)、前頭洞(ぜんとうどう)、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)という4つの副鼻腔のいずれかに炎症がある状態です。一般的には急性と慢性に分けて考えます。

急性副鼻腔炎は感染によって副鼻腔の出入り口が腫れてしまい、副鼻腔が閉塞するために発症します。風邪の後にひどいにおいのする鼻が出る、頬が腫れる、目の奥が痛む、頭痛などの症状が出ます。

副鼻腔炎の症状が1,2ヶ月以上続く場合を慢性副鼻腔炎といいます。 症状は通常、急性副鼻腔炎と比べて軽く、痛みも急性の場合ほどみられません。膿のような鼻汁が出る、鼻茸(ポリープ)のために常に鼻がつまる、鼻汁がのどに回る、などがよくみられる症状です。嗅覚が低下することもあります。慢性副鼻腔炎は症状や鼻の所見、内視鏡所見、CTなどで診断します。

治療は、副鼻腔にたまった分泌物の排出と感染の制御が目的です。急性期であれば、抗生物質や去痰剤、消炎鎮痛剤の投与、および鼻の処置やネブライザーなどが中心となります。慢性の場合は長期間(月単位)の服用が必要です。少量の抗生剤(マクロライド系)と去痰剤を内服します。内服で改善が見られない場合は、手術療法が必要になることがあります。

手術は日帰り手術と1週間の入院手術のどちらも対応可能です。手術は全例鼻の穴から内視鏡下に行っています。平成21年にはハイビジョン内視鏡を手術室に導入し、より鮮明な画像を見ながら手術を行っています。

Copyright © 2017 SANOKOUSEI GENERAL HOSPITAL ALL RIGHT RESERVED. 佐野厚生総合病院